目の前でナブラ発生!! ・・・も 

えりごろうと釣りに行き、ルアーをどれにするか選ばせると、「かわいいヤツが良い」と訳のわからないことを言われ、カワイイと思うルアーをわたすと「それ、カワいくない」とカワイイ基準がまったくわからない くりごろうです。

はい、26日(日)の釣行ですが朝に引き続き、家に帰ってから、用事を済ませ 15時から、えりごろうと前回、ハマチの釣れた、神戸湾奥ポイントに釣行しました。

えりごろうは前回の釣行で目の前にナブラが立ち、メジャークラフト ジグパラマイクロスピン7グラムでハマチを釣り、気を良くしているので今回も、ジグパラマイクロスピンでスタート。

一応 釣りの先輩として、「そのルアー ツバスとかサゴシには小さすぎるで」と言っても、「この前、釣れたやん」と 釣れてない くりごろうが言っても説得力は無し。

釣り場につくと、海面を5センチにもならないメダカサイズのベイトが大量に岸際を行ったり来たりしている。(なんのベイトかはわからないが。。。)

一応、通い詰めているポイントなのでベイトの溜まりやすい場所を知っていて、沖方向ではなく、湾奥側に釣り座を設けるが

またまた、ナブラを期待している えりごろう

そんなに都合良くしょっちゅう目の前にナブラは立たんよ と言った矢先、 まさかの「ナブラや!!」

本当に、まさかでしたが、またまた目の前20m先で直径10mの範囲でナブラ発生!!

今回はくりごろうも出遅れることなく、コアマンVJ-16をセット済みでナブラの向こうにVJを放り込みロッドを立て表層を巻いてくる。。。もヒットしない 4~5回くりかえしたがヒットせず アレ、おかしいとな思ったその時、えりごろうの竿がまたまたブチ曲がっているではないか

あわててタモを持って行くと。。。バラしました

「だからルアーが小さすぎて合ってないと言ったやろ」とヒットもしていない くりごろうがいいましたが、理解したようで、少し大きめのスピンテール コアマン PB-20を選択

くりごろうはVJで釣れない訳がないとVJを投げ続けたが、ヒットなし

すると、えりごろうにまたまたヒット

ラテオ90Lがいい感じにぶち曲がっている

あわててタモを持っていくと またまたバラし。

くりごろうもVJをあきらめ IP-18に変更

気が付いたら、ルアーはコアマンオールスターズ勢ぞろい。

それでもIP-18が着水と同時に、くりごろうにも初ヒット!!

慎重に寄せようと、思った矢先 バラしてしまいました。(T-T)

えりごろうもPB-20の糸がらみが激しく、ルアーチェンジ(糸がらみしないよう投げるには少しコツがいるルアーです)

結局 その後 ローリングベイト77、メタルマル13グラムも投入したが アタリもなくなり、ナブラも見ることはなくなりました。

時間は16:30を過ぎ、タチウオねらいに変え、タチウオゲッターワインド+パワーシャッドに付け替え、キャスト なかなかヒットせず、帰りながらキャストしていると、泣きの1本がようやく釣れました。

今回、えりごろうはボウズ、くりごろうタチウオ1本だけでしたが、今思うとナブラが立った時、なぜベイトの大きさに合わせミニカリを投げなかったのか? (めんどくさかったからですが)このあたりが、釣れる人、釣れない人の差だと思います。

↓ 先日 ランカーシーバス用にカンパリポイントでゲットしたメジャーを使ってみたく たいして大きくもないタチウオに使ってみました。

釣果はいまいちでしたが、ナブラがたったときの胸躍る瞬間が楽しく ワクワクだけはできた1日でした。

読んでいただき、ありがとうございました。

くりごろうの使用タックル