今年最後の一匹を釣って釣り納めできたのか<完結編>

完結編といっても、物語のすべてがハッピーエンドではありません・・・
はい 12月 1匹も魚を釣ることができず釣り納めとなった くりごろうです(T_T)
まさか1匹も釣れず終わるとは思ってなくて
こんなタイトルをつけ最後にこんなのが釣れましたー という終わり方を考えていたのですが
まさかボウズ続きで終わるとは・・・
このタイトルで終わり方が見えず うやむやにしたかったが、でも これも事実であり、記録として残そうと思います
こんな人もいるんやと思っていただければ幸いです
良ければお付き合いください

釣り納めとなったのは12月24日(日) クリスマスイブ
この日は、娘が高校の水泳部で尼崎市にあるスポーツの森公園の室内プールで県内の大会があるとのこと
集合がAM7:00現地集合と早朝で、友達と自転車でまだ暗い5:30に家を出て、閉会式が17:30との事で、当日 夕方から雨予報もあり、送り迎えをすることにしました。
尼崎市のスポーツの森公園は海側に位置し、近くにチヌ釣りなんかで有名な尼ロックがあるので、迎えの時間を早く出発し、釣りをしながら散策することに 残念ながらえりごろうは家の用事で忙しく クリスマス 単独釣行を決行することにしました
現地近くに着いたのは15:00 車の駐車場所が見つからず スポーツの森公園の駐車場に停め、徒歩で向かうことに
約15分ほどで水路のある遊歩道に到着
水路は水深1mくらいで今は水も澄んでいて底が見える状態
とりあえず、なんでも良いから釣れてほしいのでダウンショット風リグにはマゴバチをセット 先にはコアマン ジグヘッドにアルカリシャッドを装着

500m以上ある遊歩道の先には尼崎閘門(こうもん)があるので
そこまで壁際をテクトロで散歩することにしました。

尼ロックはこんなところです


こんなにキレイな遊歩道なのに人はだれもいない

まわりも工場地帯で近くに駐車場でもあればもう少し人も来るだろうけど、 なんかもったいないなぁ

結局 閘門までテクトロしたが、生命反応なく
今度は水路側と反対の沖向きを歩いてみると 少し良さげなポイントに到着
ここで時間までやることにしました。

沖向きも水は澄んでおり手前の水深1mほどの石畳まで見える状態
尼崎港の水質のイメージは良くなかったが、冬場は意外とキレイなのは新たな発見でした。 (ルアーには適度な濁りの方が良いように思いますが)

するとそこでの3投目 ググっと魚の反応アリ!!
「よっしゃー」と誰もいない釣り場で叫ぶ くりごろう
最初は弱めの引きが、寄せてくると 下に突っ込むような強めの引きに変わる。。
慎重に慎重に寄せてくると魚体が見え約40センチくらいのチヌかキビレを確認、 少しづつ弱らせると魚が浮いてきたので タモに手をかけ、タモジョイントをオープンさせ 少しタモを見た瞬間
最後のひと暴れの後 「ブチッィ」・・・
ダウンショットの方のマゴバチに食いつきラインブレイクと共に、今年、シーバスにタチウオに大活躍したビーフリーズを持って行ってしまいました。(T_T)

原因はくりごろうの完全なミス なぜならダウンショット側はガシラを想定していたので、結びが甘かった。
多分針がズレてしまった事、 もともとガシラクラスを狙ってたのでPE0.8号の先のリーダーは5lbの細いものを使ったのが原因
自分の未熟さにより、魚にも環境にも悪いことをしてしまった。。(T_T)

その後は VJ,IP,ビーフリーズの重心移動タイプを使ったが反応なくついに納竿となりました。

今回は(今回も)反省すべきことが多い釣行となりましたが、リベンジしたいと思う場所が発見できたのは唯一の収穫でした。
歩くのシンドイケド

とにもかくにも、今年はこれで釣り納めとなりましたが、くりごろう6連敗は継続です いつ連敗脱出できるのか? ((+_+)) 

最後までありがとうございました。

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です