(初笑)PEライン 表裏巻き替え 失敗編

明けましておめでとうございます
今年も皆様にとって健康で充実した1年でありますように m(_ _)m

さて新年早々PEラインを表裏巻き替えようと始めたがあり得ない失敗をやらかし、結局 新品に巻き替えた話です

「初笑い」 まだの人はコレを見て初失笑していただきたい くりごろうです
別に笑わせようとやったわけでなく 真剣にやってました。 (T_T)

ストラディックCI4に巻いていた よつあみ G-SOUL X8 0.8号 150m巻
昨年の10月初旬に巻替え3カ月が経過し、新年を迎えることもあり とくに毛羽立ちや、傷みもなかったが
表裏巻替えることにしました。


これまでも何回か表裏巻き直しも自分でやっていたので、特に下記に気をつけていれば問題ないと思っていました。 

巻替えるまでは・・・((+_+))

<PEラインを表裏巻きかえるには>

1)使用リール⇒未使用リールへ巻替え


2)未使用リールに巻いたPEを空スプールに巻替え


3)空スプール⇒元の使用リールに巻きなおし

1)~3)の3段階の作業をして表裏巻き直し完成となります

注意点として1)の使用リールから未使用リールに巻き替えるときは一定のテンションをかけまくこと、 2)では空スプールに巻替えるのが大変なので高速リサイクラーなどの専用器具を使ったほうが簡単にできる 3)の空スプールから使用リールに巻く際も、専用器具を使ったほうがやりやすい。

ここでくりごろうは2つもの失敗をやらかしてしまいました。

<1つ目の失敗>
未使用リールを家のガラクタ置場から探し出したもののあまりに巻きが重く、 それに気をとられ十分なテンションがかけられていなかったので
キレイに巻き取れず、バックラッシュ状態に。。。
結局、空スプールに巻き取れず ほどくこともできなくなり 表裏巻替えは今回断念することに。

<2つ目の失敗>

巻替え専用器具を、ケチってメルカリで売ってた1,000円くらいの糸巻器具を使用してしまった事

安物買いの銭失いの典型例

この糸巻器具 机に吸盤で固定するのですが、新品時の1回目は問題なかったものの、2回目以降 すぐに吸盤が外れる  リールを5巻きほどしてすぐに外れ、机から落下し、フローリングにキズをつける始末

結局 「明治アポロ」をエサに娘に持っててもらった。

しかも回転軸とスプールを固定する部分が金属と金属がこすれあい ギィーギィーとものすごい音がする 

家族からは何事かと 大クレーム

またこすれた個所から金属片が机にいっぱい落ちる。

やっぱり、釣具屋さんで売っている少々値段がしてもしっかりしたものを買うべきですね

新年早々 失敗し、高速リサイクラーの必要性を思いっきり感じたくりごろうでした。

そういえばこんなの ポストに入っとったな

今年は釣り具にお金をあまりかけないようにしようと決めたのに  イキナリ 出費 (T_T)

新年早々 やらかしてしまった くりごろうですが

こんな失敗例は くりごろう あるある・・です

さて、今年はどんな1年になることやら・・・

こんなくりごろうですが、本年もブログ継続更新を目標に頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます (‘◇’)ゞ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

「(初笑)PEライン 表裏巻き替え 失敗編」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です