スーパーブルームーンはどうだったのか?

ブログタイトルは「阪神間で釣れるんか日記」ですが本当は「こんなに 釣れました 見てください!!」っと ドヤ顔で ブログ読者の皆さんに見てもらいたいのが本心ですが、実際にはあまり釣れず、「くりごろうは今日も釣れませんでした ボウズだった読者の皆さん 安心してください くりごろうも釣れてませんよ」的な記事が多い。

たぶん、これからもこの路線でいくのでしょう

ボウズの皆さんの癒し くりごろうです。(-_-;)

3月31日(土)の夜 「スーパーブルームーン」だったこと知ってましたか?

くりごろうは当日知りましたが、最初はなんのこっちゃと思い少し調べますと

「ブルームーン」=「青い月」

実際は月が青く見れるのではなく、月は1カ月かけて満ち欠けをする、通常1カ月に1回満月になるが、今回は月の満ち欠けの周期と、暦のズレにより月に2回見れるというのが ブルームーンの正体らしい

今年は1月にもブルームーンと皆既月食のスーパーブラッドブルームーンの2回見られ1年に2回もあるのはめずらしく 次、ブルームーンが見れるのが2020年10月との事

そんなプレミア感 満載の夜だから何かが起こる・・

ハズ

そんなわけで、日付は4月1日(日)の早朝4:00からシーバス狙いに行ってきました。いつもは朝マズメをからめ、AM5:00~AM6:30くらいの釣行ですが、今回はAM4:00に現地のいつもの神戸湾奥ポイントに到着 しかしながら、この日は長男の大学入学式なのでAM6:30には家に帰っとかなければならないので実質2時間の釣行となりました。

この日のタックルは久しぶりのラブラックス87LMLとストラディックCI4の組み合わせ ラインはPE0.8号よつあみアップグレードX8

感度が良いであろうタックルで臨みました。

たしかに ラテオ90Lとの感度の差はルアーのブルブルの伝わり具合の違いでわかります

魚からの反応の感度ではありません (-_-;)

でも キャスト精度は格段に上がるのは自分だけか?

結構 狙ったピンになげられる

タイドグラフはこんな感じ↓

AM7:19の満潮に向け潮が動く時間帯 気温も12℃で風はほとんど無風状態で釣りはしやすそうだが 現地に降り立つと

風は無風、潮はゆっくり動いている感じで 海面はほぼ凪の状態

その中で海面をよく見ていると、ベイトらしきものが海面をもじっているのが見え そのあたり中心にメガバスX-80 BEAT SW をキャスト・・・も何も無し

次にビーフリーズ65EX-Sにチェンジすると、ようやく魚のビビッとくるアタリがでました!!

・・・ この時が 本日のクライマックス (‘Д’)

その後は、VJ-16 →バリッド→ミニカリにチェンジするも反応なく ボウズ確定しました (T_T)

本日のルアーたち

明るくなってきてそろそろ帰る準備をしていると、常連さんがやってきて少しお話すると、 最近は朝はAM7:00~9:00くらい 昼からはPM15:00以降の明るい時間帯で良く反応がでるとの事 暗い時間帯は広範囲に散って安定しないとの事・・ハヤク言ッテヨ

スーパーブルームーンって釣果には関係ないのか?

くりごろうには関係なかったが、釣具屋さんの釣果情報ではエビ撒き釣りは好調みたい。だからと言って釣果が特別良いわけでもない くりごろうはつれてません!!(?_?) と思います

暖かくなってきて海水温度も上昇中 神戸湾奥も釣れずとも魚の反応は得られ良い感じになってきましたが そろそろ遠征に行ってたまには食べられる魚も釣りたいと前回も言いましたが 2回言います (; ・`д・´)

最後までありがとうございました。

 

 

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です