近所の用水路でガサガサすると意外なものが獲れた

タイトルの「ガサガサ」シリーズ2回目ですが、結構な頻度でガサガサしてる ガサガサ好き くりごろうです

ガサガサすると意外なものが網にかかったりして、釣りとは違いますが、これはこれでおもしろいです。

前回のガサガサ記事はコチラ→海でガサガサ

<一応釣りには行ってました (T_T)>

先週も朝マズメ 神戸湾奥ポイントに釣りには行きましたが、見どころもなくボウズ まぁ VJ投げてダメだったら、あきらめもつくというもの・・(T_T) 

ベイトのイワシも入っているようで明るくなりかけた4:30頃、ベイトがざわつきだしたと同時にググンとアタリありましたが即バレ ワンチャンスはあったように思いましたが・・・

あっ! でも、常連さんがキビレをワームで釣られてましたので、魚はいてます・・

昨年の6月中旬の同時期の写真をみてると、6月下旬にかけツバスが神戸湾奥まで入ってきて、釣れてましたが、今年はまだ聞きません 

今シーズン初のタコねらいの人も見かけ 夏を感じるようになってきましたが、朝晩の冷え込みは少し異常な気もします。

<釣れなかったので近所でガサガサ>

ということで、今回は、近所の用水路にガサガサして水槽で飼うエビを獲りに行ってきた話です。

6月になると、くりごろうの住む伊丹市にも少なくはなりましたが、田植えシーズンと同時に近所の用水路にも水が入ってきます。それに合わせ魚やエビといったいろいろな水生動物も入ってきます。

子供といっしょだと魚を獲りに来たお父さんですが、ワタクシ一人だと少し恥ずかしいので、嫁さんのえりごろうについてきてもらい、自宅から歩いていける用水路に散歩がてら網とバケツをもっていきました。

↓ 我が家のガサガサセット 淡水用

用水路に生えている、水草の中に網をガサガサいれると、エビが大量に獲れるのですが、まだ時期が早いのか、あまり獲れないものの数匹のエビがとれました。

付き添いのえりごろうは最初、見ているだけでしたが、くりごろうから網をとりあげ、自分でガサガサしだしました。

えりごろうさん その柵にそんなに触れると、服汚れますよと言ったのも時すでに遅し 「先に言って!!」となぜか怒られましたが (-_-;)

そんな中、二人で交代でガサガサしてると、なんかウネウネしたものが網の中に入ってきました。

うわー キモイやつやと思いながら よく見ると ドジョウがかかっているではないか!! しかも全長20センチはある立派なやつ ( ゚Д゚)

長年ガサガサしていますが、ガサガサでドジョウがとれたのは初めてでした。

ということで、我が家の水槽で飼育してみることにします。

ドジョウといえばタチウオの引きつりで最強

まわりで誰もタチウオが釣れてない時の一人勝ち釣法、ドジョウの引き釣りですが・・

ワタクシ、この理由でドジョウの引き釣りはやめてます・・・

ドジョウの引き釣りをやめた理由

海でも川でもガサガサしてみると意外なものが獲れたり、小さいおこさんと一緒だと、生き物教育の材料にも使えおもしろいですよ。 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

「近所の用水路でガサガサすると意外なものが獲れた」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です