ふるさと納税

今回は釣りのお話では有りません 何故なら 釣れてないから・・・(T ^ T)     というか、大雨の影響で釣りに行けてません。。。

釣れなくても記事は書くぞ! 良ければ読んでください くりごろうです。

今回は「ふるさと納税」 自分が任意で選んだ日本国内の自治体に寄付をすることで、その自治体から御礼として特産物が頂ける さらに少しの負担で残りは税金が還付されるというもの。 この特産物が行き過ぎて話題になっていましたが、最近ではそこまでのものはありません、でもお肉などの人気あるものはすぐに無くなります

自治体としてもいくら現物の特産物があることより現金が手に入ることでのメリットは大きいのだろうと思います また人気のある特産物には寄付が集まる事から、良い意味での自治体間での競い合いも 私は今のところ良いのでは思っています。行き過ぎはダメですが・・

地方も寄付という現金収入が入り、寄付する側は相応の税金が返ってくるwin winのふるさと納税制度 いつまで続くのかは知りませんが 上手に活用したいですね

そんなことで嫁さんのえりごろう 世間がふるさと納税フィーバーした前後くらいからふるさと納税をやっています。

人気商品はやはりすぐ無くなるので、マメにネットを見て調査しています

また、寄付した自治体は今まで行ったことも無く、知らない所も多いのですが、どんな所だろうと興味が湧きます 中にはそれをキッカケに旅行に行くなんて事もあるのでは?

今回送られてきたのがコレ

山形県 東根市のさくらんぼ

箱を開けて、贅沢喰いしました 普段なら自分で買ってまでは食べないさくらんぼですが、佐藤錦さくらんぼ 堪能させて頂きました。

基本的にえりごろうはお米の特産物がお目当てで、良く宅急便からお届け物が届きますが、家族は知らん間に食べてたとかが多いのですが時にはこんな嬉しい物も届きます。

決してタダで貰えたり、寄付した額より多く貰えたり利益が出るものではないのですが、全国の知らなかった特産物を味わったりする楽しみがあり、決しておススメするものでもないですが、こういう楽しみ方もあるよ的な今回の記事でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です