丹後半島1周してみた

前々回のブログにてキス釣り勝負を釣りレディ見習いえりごろうに惨敗し傷心中、まだ心の傷はいえていません くりごろうです (T_T)      おまけに軽い熱中症にもなる始末。

今回はキス釣り道中のお話です。

朝マズメに京都府宮津市で釣りをして、酷暑の為、日中の釣りは回避 夕マズメ 久美浜にて釣りをするため、宮津-久美浜を丹後半島を経由しようという計画にしました。

丹後半島といえば舟屋やエギングで有名な伊根をはじめたくさんのエギングポイントがあります、北側のエリアには地磯がありジギングポイントで有名な場所も点在し多種多様な魚、釣りができるエリアです。

まずは小さな漁港ポイントを散策しようと思いましたが、先般の大雨の影響で通行止めになっていた為、迂回路を経由し伊根を目指します。

【伊根エリア】

伊根に到着すると、遠くに舟屋が見えます

たしかこのエリアはたくさんのエギンガーが押し寄せ地元人との問題で釣りができるポイントが限られていたはず 駐車場が点在していますが・・・

夜間の方が高い・・・ 30分200円 最大3000円   都会並かそれ以上の料金設定 

ゴミやマナー、騒音 漁師さんが干している網の上に車をとめたりと漁師さんの苦情を聞いたことがあります。まぁ仕方の無いことなのでしょうか? 少し悲しいですね                   

釣り場としては水深もあるようで根魚なんかも釣れてます すでに日が昇った 昼前でも釣人数名いてました。

【蒲入漁港】

伊根を後にして、「浦島太郎」ゆかりの浦島神社を横目に、これまたエギングで有名な蒲入漁港  

ここは要予約で漁港めしが食べられます         ここの漁港も数年前までは駐車料金はいらなかったのに釣人の車が漁師さんの仕事のジャマになるところに駐車してもめたらしい 他にもゴミやマナーの問題が・・・ 地元の漁師さんに直接話しを聞いたことがあります。

【間人 たいざエリア】

蒲入をあとにして最北端 経ヶ岬を横目に ここには地磯エリアがたくさんあり、ヒラマサ、アオリなどルアー対象の魚が釣れるので有名

海岸線を見ながらしばらく進むと、間人ガニで有名な間人エリアに ここもエギングの有名ポイント 

ちょうどここでお昼にすることにしましたが、けっこうオシャレな今風のお店も多い

その中で選んだのがコチラ

今風のお店で地元で獲れた魚を食べさせてくれるらしい ふだん刺身が苦手なワタクシですが、せっかく地元の新鮮なお魚が食べられるということで海鮮どんぶりを頼んでみました。

自分でお金を払ってまで頼まない刺身 それくらい苦手だったのですが、初めて食べてみて・・       

これはウマイ!! 人生半分以上過ぎていますが、生ものが苦手で損してました というくらいおいしかったです。

写真に写っている看板に「へしこ」とありますがこれは若狭地方の伝統料理で魚の糠漬です           

食べませんでしたが珍味らしく 今度行ったと買ってみよう。

その後、お腹いっぱいになり 車中で昼寝zzzzz

夜中の2時から起きていたので 爆睡です     

このあと久美浜で完封負けをすることをまだこの時は知らない 幸せいっぱい くりごろうでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。