【アクアテックス】1万円以下自動膨張式ライフジャケットポーチ型買ってみた

これから秋の釣りシーズンになるとファミリー連れの釣り人も波止場にも多く増えてきます。 

波止や丘っぱりからだと救命胴衣を着用していない人を多く見かけますが、せめてお子さんにはライフジャケットを着せてあげて下さい    くりごろうです。

過去記事では実際に目の前で海に落ちた人を見た話しを書いてます 良ければ読んでください

ライフジャケットは必要ですよ

ワタクシがよくする釣りは船には乗らない、陸地からの釣り、嫁さんや子供を連れてったりもしますが、一人で行く事も多いです。

そんな波止場には沢山の釣り人がいますが、救命胴衣の着用率は低いですよね

<救命胴衣の着用率が悪い原因>

・自分は大丈夫 海に落ちても泳げる 子供が落水し

 ても救助できると思っている

・たまにしかいかない釣りに釣具屋さんに売っている1万円

    以上もするライフジャケットにお金をかけたくない

だいたいこの2点が大きな理由ではないでしょうか?

なので、今回はアマゾンで売ってる1万円以下のお手頃価格の救命胴衣を買ってみましたので紹介したいと思います。

今回購入した主な使用目的は嫁さんのえりごろう用に現在使っているベルトタイプの手動式のがくたびれてきたのでそれの買い替えとなります。

ベルトタイプはキャストにも邪魔にならず、重さも気にならないので丘っぱりアングラーにはおススメですが、今回はよりコンパクトなポーチタイプを購入しました。

注文したのはコレ

 

アマゾンでライフジャケットで検索するとすぐに目に留まります 【アクアテックス】自動膨張式 ポーチ型ライフジャケット

作ってるのは海外のようだが、国内メーカーでヨーロッパ安全規格の「CEマークライセンス」を取得しているので一応安心品質

※2018年2月より施行された国土交通省承認のサクラマークでは無いので小型船舶では使えません。

手動膨張式もありますが、海に落ちた時にえりごろうが冷静に紐を引っ張ることができるか不安だし、今回は自動膨張式にしました。価格は手動式が1000円くらい安いです。

色はえりごろうに選ばせたがなぜか黄色

腰に巻いてみると思ったよりは大きいが、コンパクトで邪魔にならないと思います。

実際にえりごろうに装着してもらいました。

ウエストバックのベルトにも装着可能ですが、ベルト自体が縫い付けてあるので、ベルトを切って、糸ほつれ防止にライターなどであぶって端末処理すれば、今使っているウエストバックがあれば、そのベルトに通すことも可能

肝心の、救命性能は実際に落水し膨らませてみないとわかりませんが・・・

ちなみにワタクシは ダイワのウエストポーチにマズメのポーチ型手動タイプを付けてます

本来はマズメのウエストポーチ専用ですが、ベルトに通せば多少ぐらつくもののまったく問題なし。

初めての場所やテトラ、めったに行かない磯用にはコレ シマノのゲームベスト 型オクレですが

でもこれにもサクラマークはついてません

まぁ 基本、丘っぱりからなので 船に乗るときはレンタルしようと思います。

1年以上使用したベルトタイプ おかげさまで実際に膨らむことは有りませんでしたがお疲れさまでした

1万円以下でも小型船舶には乗れなくとも波止からなら十分なライフジャケットもたくさんありますのでご家族の為に着用おススメします。

そして記念すべき第一回目の使用は前回記事の写真にもありますが、九頭竜川遠征時に福井港で使用しました。 使い勝手は本人言わく、ベルトタイプより邪魔にならず重さも気にならないそうです。

黄色が目立ちます・・・

あくまでも自己責任の上での判断ですが、これから買おうかと思っている方の参考になればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です