台風一過後の湾岸線から見た大阪湾と和歌山タチウオ釣行(初) 

8月25日土曜日 会社の仲間4人と和歌山へタチウオを狙いに行ってまいりました。

ちなみにこの日は8月初旬に予定されていた釣りが、前々回の台風で中止となった代替日、たまたま午前中 明石タコ船釣りを予約していたので最初、両方とも行くつもりでしたが、冷静になって考えると、朝3時起床し明石で午前中いっぱい船に揺られて、終了後、和歌山に行って、夜遅くまでタチウオ釣りは体力的に無理と判断して、事前にキャンセルさせてもらいました。

タコ船も会社の仲間との釣りだったんですが、今回は和歌山初釣行を優先し断腸の思いでキャンセル m(_ _)m

明石ダコも食べたかったです  いや、釣りたかった 泣

という訳で初めての和歌山釣行、前日はやっぱり、なかなか寝付けず 遠足病発病中、くりごろうです。

4人のうちの1人が和歌山在住ということもあり、今回の場所はその一人にお願いする事になりましたが、台風一過のおかげで場所についてはかなり悩ませたようです、地元の友人からも情報収集してもらい前日に5案のパターンを考えてもらいました。

【台風一過後で場所選択に悩む】

<1> 青岸 タチウオで有名場所だが河口のため台風の濁りの影響は受けやすい たぶん泥水になっているだろう

<2> 水軒鉄鋼団地 最近釣果があがっているが、台風の影響は受けやすく濁りが心配

<3> 雑賀崎漁港 釣り場はあまり広くなく混雑しやすく4人ではしんどいか?

<4> T漁港 台風がなければアオリイカも狙えるココにしたが、台風の影響でホンダワラがあちこちに流れ釣りにならない

<5> 和歌山マリーナシティ 釣り場は広く、潮通しも良いため台風の影響は受けにくい 青物も狙える

この5案で今回は台風の影響が一番少ないであろう

<5>和歌山マリーナシティに決定。

【いざ出発 大阪湾の海をみながら】

集合は14:00 フィッシングマックス和歌山店

大阪湾の様子を見てみようと、伊丹市を出発し湾岸線 尼崎末広ICから入り和歌山ICを目指します

しばらく進むと、尼崎港が見え、海の様子を車窓からのぞくと・・・ カフェオレというかまっ茶色

しばらく進むと今度は淀川 ここも泥水というかカフェオレ 

湾岸線から大阪湾を一望すると、見える範囲でカフェオレになっている・・「今週は地元での釣りは無理っぽいかな」と思いながら車を進め 関空付近まで来ると、ようやく海の色が青くなってきました。

これだけ大阪湾一面茶色く濁ってたら阪神間で釣りは無理だろうと思って、釣具屋さんの釣果情報を見てみると・・

結構、釣れてました     わからんもんです。

【和歌山マリーナシティへ】

途中の交通渋滞もなく集合前に、待ち合わせ場所のフィッシングマックス和歌山店に到着

初めて来ましたので店内をうろうろしながら物色してると、いつのまにか4人全員集合

お店ではポイント5倍デーでもありせっかくなので秋のアオリイカ遠征釣行用に2.5号のエギとボウズ逃れ用にアオイソメ300円購入し出発

和歌山市内は途中渋滞もあったが、地元案内のおかげで抜け道を通って無事マリーナシティーに到着

ところが釣り場につくと 爆風です、しかも翌日26日が花火大会、準備作業の為、北側しか使えないとの事でしたが、この時間は釣り人も少なく、釣り場には余裕を持って入れました。

【横風爆風を受けながら実釣開始】

横風がキツイ為、釣りはしにくいが何とかできるという状況でしたが、釣り座を確保し夕マズメの時合いまで、アオイソメで足元を狙うことに(とりあえず何か釣って丸ボウズを回避したい)

すると投げ用の2本針にベラとガシラがダブルヒット

(結局 これが今回の一番の見せ場になるわけですが・・)(T_T)

そうするうちに、地元の釣り人もやってきてご挨拶、状況を聞くと台風前は良かったとの事 期待を膨らませながらキャスト・キャスト・キャスト・キャス・・・  夕マズメ終了

夕日が目に沁みます

あっ 途中ジグサビキでアジ釣れました ^_^;

【釣らなければ帰れまテン・・】

日が沈みあたりも暗くなってきて、地元のルアー釣り人は帰っていきましたが、今度は電気ウキが海面に並び始めました。

ワタクシは昨年、話題になったダイワセットアッパー125DR、コアマンVJ-22、コアマンIP-26のアワビチューン(塗装がはげたのでアワビシートを貼ってみた)

とりあえず今回は4人団体行動なので、話が盛り上がるうちに全員タチウオ最低1本釣らないと帰れないルールになりました。団体釣りあるあるですよね

コレ下手したら今日中に帰れんやつやん (T_T)

すると、まわりが暗くなってから地元案内してくれた同行者のワインドにヒット! 釣れたのは指2本!

即リリースしましたが1本は1本 のこり3人ですが、まわりも含め 全然釣れず時間だけが過ぎていきます。

だんだん口数も減ってきて、そろそろ終わる?というのを誰かが言うのを待つ空気になって来ましたが ( T_T)\(^-^ )

時間はすでに21時、お腹も減ってきたのと釣れる雰囲気が全くなかったので、あと1本 誰かが釣れたらルールに変更

すると、同行者のジグに ようやくヒット

真っ暗闇の海中にジグを投げ込んだのが正解だったのか、待望の1本に(ヤットカエレル)歓喜

これも指2本でしたが・・

【釣りを終えて】

結局4人中 2人が指2本サイズを釣り上げましたが、ワタクシ釣れてないほうの2人のうちの1人になりました(T_T)

指2本でもウラヤマシイ

台風後ってよく釣れたとか聞くことも多く期待しましたが、この日はダメダメデーだったのかも 周りも釣れてたのは確認できませんでした。

これも釣り、自然には勝てないということで、結果は厳しかったが、仲間との楽しい釣りになりました。

案内してくれた同行者に感謝です そもそも、今回は場所選択が難しく釣りすらできずに終わってたかもしれないのですから 

帰りに地元で評判のラーメン屋さんに連れてってもらいご当地ラーメンを食しました ウマカッタ

結局、そこから高速道路を制限速度でぶっ飛ばし 家に着いたのは翌日になってましたが、仲間との釣り 楽しかったー

またリベンジだー ←リベンジ先 多すぎ!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。