芦屋浜、甲子園浜、西宮ケーソンの釣り人はどこに行くのだろう

台風21号の被害を受けて阪神エリアの釣り場は復旧作業や危険等で立ち入れなくなっています。 ニュース等みてると年内に復旧とか、それ以上かかるとか、もしかしたらこれを機会に立ち入れなくなるような話も聞いたり、心配です。

芦屋浜のベランダにおいては打ち上げられたコンテナが既に撤去され急ピッチで復旧が進んでいるようにも見えますが・・・

これから秋の釣りシーズン 釣り人も増えてきて10月タチウオ最盛期をむかえると、夕まずめ数時間前から場所取りしないと入れないくらいに増えてくるのにどうなるんだろうか?と思っている人も多いと思います。

おそらく、地元の人はもとより他府県からも来ていた人たちは大阪〜和歌山北部エリアに流れる人、神戸西〜明石 それ以西に流れることが単純に考えられますが、どこの釣り場も混雑しそう

時間帯では朝まずめの方が人は少ないでしょうが、タチウオは夜通しされる人が多く、朝4時とかに行っても入る場所を見つけるに苦労しそうですね。そもそも場所が無いし

阪神間に住んでいる土日釣行のワタクシとしては、今年は無理にタチウオには行かないで、シーバス狙いでタチウオが入って来なさそうな神戸湾奥水路を中心とするか、淡路、日本海遠征の回数を少し増やすか思案中です。

激混みポイントでお隣との距離2メートルでは釣りを楽しむどころかストレスばっかり溜まりそうで、行かなければ良かったとなりそう。

でも実際にあれだけの人がどこに流れるのか気になりますが、危険な場所には行かないで、お隣さん同士の挨拶をしっかりやってトラブルなく楽しく釣りしたいですね。

それとゴミ問題   ゴミのせいで立ち入り禁止になる事もよく聞きます。 せめて自分で出したゴミは持ち帰りましょう。

最近ネガティブな内容の記事が続いてましたので、台風被害の話はここで一旦終わり、次回からは笑いあり?涙あり?の阪神間はさておき、くりごろうの釣れるんかブログ←結局あまり釣れないブログにしたいと思います。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。