初めての神戸第7防波堤 渡船利用

今回は前回の岸和田一文字に引き続き沖堤防への釣行、神戸の第7防波堤に本庄渡船さんで初めて行ってきました !

今まで何となく沖堤防に渡るのは敷居が高い気がしていましたが、もう、大丈夫! なにが大丈夫なのかはわかりませんが、くりごろうです。

今回もボッチ釣行ではなく会社の仲間4人との釣行

タチウオシーズンによる混雑を避ける為には、沖堤防が良いだろうと、それと沖堤防ならハマチ、メジロ、ブリなどの青物のチャンスもあるかもと夢も広がります。

今回利用させていただいた本庄渡船船長さんも調子の良い気さくな方で年齢から大ベテランなのだと思います。迎えの時間も時間通りに来てくれて、良かったです。

【朝一便 暗い時間は反応なし】

朝一便で出港、渡してもらったのは第7防波堤の一番東の白い灯台がある場所

あたりはまだ夜中という感じでしたが、この日は満月? 月明りで周りが見渡せるほどの明るさはありました。

10数人が乗船していましたが、ここで降りたのはワタクシ達4人と1人で来られたお兄さんのみ、 ここでは堤防真ん中辺りの方が人気があるようです

そのお兄さんは何度か第7防波堤には朝マズメ時間に来ているらしいが、暗い時間に魚が釣れたことが無いとの事、第7防波堤の東端エリアに釣り座を構えた他の渡船屋さんから来た人含めて数名、常連なのか全員釣りは始めずスマホいじったり、この寒い中、寝たりしてます。←カゼひかんか?

ワタクシ達4名は初めてでせっかくなのでルアーを投げ始めますが 言われた通り、暗い時間帯は全く反応無しでした。

【明け方一瞬の時合いのチャンス】

反応のない時間が過ぎていく中、ようやく東の空がうっすら明るくなり出した頃、となり約50メートルくらい先の仲間の1人がファーストヒット!

お持ち帰りサイズのタチウオが釣れました

そして、間も無くワタクシにも待望のアタリ・・・があるも途中バレ

続いて次のキャストでようやくヒット!

バラさないように慎重に抜き上げ、ボウズ回避

↓チョット グロくてスミマセン

ヒットルアーはタチウオ専用 タチウオゲッターワインド20グラム+エコギア パワーシャッド ピンク グロータイプなのでライトで光らせてました。

F4ほどの文句なしお持ち帰りサイズ でしたが、今年、くりごろう家ではもうタチウオは食べたくない感がアリアリなので、実母に進呈決定。

1本釣れたのもあり、タチウオはもういいのでルアーをコアマン VJ-22にチェンジ

狙いは青物もしくはシーバスです。すると、アタリはあるものの針にはかかりません

多分タチウオのアタリ、ワームの尻尾の部分がボロボロになって帰ってきますがそのまま続けてると、またまたヒット!

しかも、横に動き回るのでもしかしたら〜と色めき立つも 釣れたのはコイツ

40センチくらいのサゴシ

沖堤で釣れるサイズでも無いし、もっと大きくなってサワラになって帰ってこい!そしてもう一回釣れてくれという想いで、リリース

しかしながら、これ以降 魚の反応は無くなりました。

明るくなって気づいたのですが、別の渡船屋さんから渡って来られた数名の中にネットで見たことあるシーバスちょっと有名アングラーの人が居てました。

テクトロすれ違い際に、どうでした的な話しを聞くと、この日はダメだったらしく、早めに場所移動して行かれました。

【まとめ】

結局、時合らしい時合いは20〜30分間くらい

ベイトの群れも見る事は無く、サビキでもアジが10数匹前後しか釣れてなかったです。

明るくなってからは7防から六甲アイランドのキリンを撮ってみたり

神戸の事業計画の六甲アイランド沖の埋立地を撮ってみたり

しながら、10時迎えの船に乗りました。

沖堤防にしては貧果かもしれませんが、沖堤防に渡ったことでの満足感があり自分的には良かったです。

実家によりタチウオ進呈して、家に帰ったのが昼前

1時間くらい仮眠すれば昼から、なんやかんやとお出かけも可能

コレって、休日を最大限に活かした過ごし方ジャネ?

とか、思いながら 2度寝してしまいました(T-T)

それにしても、渡船を利用した沖堤防

大変満足しました。また、行きたいですねー♪( ´▽`)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。