アオリイカ エギング丹後半島遠征(エギ見て逃げるイカ)

社会人となり、今の会社に勤めて20数年間経ちますが

自分の余暇の為の有給休暇というものを初めて取らなけらばならなくなり、それならば夢の平日釣行に行ってみようと先週の水曜日 年数回行く丹後半島に行って参りました。

「働き方改革」バンザイ!! くりごろうです

狙いは秋のアオリイカエギング

今回の釣行は嫁さんえりごろうも同行となりました

プランは 前日の夜中に自宅を出発して、朝マズメ

その後朝食を取り、近くの日帰り温泉でゆっくりして夕マズメを狙います

【エギングタックルはシーバス用で代用】

年数回しか行かないエギングにはシーバス用タックルで代用します

ライトなシーバス用なら重さやシャクリ易さもこれで十分

〈くりごろう〉

ロッド ダイワ ラテオ 90L

リール ダイワ セオリー2508

PE 完全シーバス0.8号

〈えりごろう〉

ロッド ダイワ ラブラックス87LML

リール ダイワレガリス2500

PE ピットブル8 0.8号

※エギは2.5号のみ10個くらい持参 エギについては特にこだわりなく、過去ダイソーの100円エギでも釣れているのでワゴン品と合わせてごちゃ混ぜです。 ロッドはえりごろう用がラブラックスとラテオ より上位機種ですが、穂先をワタクシが昨年のエギングで3センチほど折ってしまい、いまではえりごろうがこれ1本でシーバスからメバル、エギングまでこなす万能ロッドとなっております

エギング行ってロッドを折った話し(T_T)

【朝マズメ】

自宅をAM1:30に出発して国道173号-京都縦貫道-宮津から丹後半島北上といつもの知った高速代節約コースで片道1,140円

丹後半島北部の漁港に到着がAM3:30前

釣り場に到着すると、ここ数年通った漁港で1級ポイントと思われる堤防の端は平日にも関わらず先客がいたので、広い漁港内をランガンする事にします。

まだ空も暗く、丹後半島から見上げる空は星の数がスゴイ

日が昇るまでの暗い時間帯はエギを投げても反応なく、空が明るくなって海の状況が見えるようになってくるとワタクシのエギに3匹ほどのアオリイカが付いてきています

テンションマックスでシャクって止め、止めてはシャクってを繰り返すと、止めた時にイカがスーッとよってくるが手(足?)を出さない

挙句の果てにはエギを見たら逃げていく!?

完全に見切られた 逃げんとって〜(T-T)

結局、朝マズメはワタクシもえりごろうももヒットなくボウズ

でも先端の1級ポイントにいた3人のうち一人は釣っておられました。

やはり1級ポイントはイカの通り道になってるのか?

第一精工 高速リサイクラー2.0

新品価格
¥3,768から
(2019/9/14 06:51時点)

【宇川温泉で平日の温泉と昼食を満喫】

朝の釣行を終え、昨晩から不眠の為、車で就寝

宇川温泉AM11:00オープンまで休みを取り、丹後松島の景色をみて

オープンと同時にお風呂に入ります

壮大な日本海を目前に露天風呂にワタクシ一人、贅沢な時間が流れて行きます

↓施設に入っていくえりごろう

この日は、男性は海を眺めるお風呂、女性は山を眺めるお風呂だったようですが、海を眺めるお風呂がおススメですね

1時間ほどお風呂でゆっくりした後は施設内にあるレストランで昼食

ワタクシはハンバーグ、えりごろうは女性に人気のサラダパンケーキランチを注文

ハンバーグランチ

サラダパンケーキ

ハンバーグも美味しく、サラダパンケーキも量が多くえりごろうは食べきれず、残った分をいただきましたが、これも美味しかったです

宇川温泉 宿泊施設もあり、日帰り温泉の入浴料金も良心的、ごはんも美味しく、リピート決定! えりごろうの満足度も非常に高く奥様を連れて行くにはおススメの施設でした。

【日中のデイゲーム サイトフィッシング】

宇川温泉を後に再度朝行った漁港に戻り、エギング再開

足元をチェックして追尾が無いのを確認してから、キャストしてシャクっては止めシャクっては止めを繰り返します、えりごろうも朝釣れていないので、積極的に漁港内をランガン

遠投してから、エギが見えるところまで寄せてくると、追尾イカ発見!

多い時で5匹、常時2匹くらいは付いてきます

が、朝同様 手を出してくれない

エギの動かし方を変えたり、放置してみたり、カラーチェンジしてみたりと工夫はしますが、エギを抱いてくれない イカはそこにいるのに(T-T)

すると、少し離れていたえりごろうが嬉しそうに小走りで近づいて来ます

も、もしかして釣れた!?

アオリイカをぶら下げてえりごろう登場

「どうやって釣れたん?」とパターンを聞くも

「エギを投げてチョット動かして止めたら釣れたー♡」

と、同じことやってるんやけどなぁ

そういえば、昨年も周りに沢山のエギンガーがいる中、一人だけ釣ってた時あったけど

エギング えりごろうの釣れまっせ日記

イカに好かれている!?

しばらく、えりごろうを観察してると、どうもエギをシャクルというよりは、リフトアンドフォールのような感じでゆったりやってる

ロッドがヒュンヒュンというようなシャクリ方では無い

今年もこのパターンなのか?

あいかわらずワタクシのエギには直前まで追尾して離れていくの繰り返し

スイッチの入れどころが分からぬまま 突然、スコールのような大雨

しばし、雨宿りをして、雨雲レーダーを確認すると20分ほどで雨雲が抜けて行きそう

雨が上がり、再度アタックしましたが、雨後は反応がなくなり、えりごろうは1匹釣れた満足感からか、「帰りはラーメンが良いなぁー」とか食欲に変わってしまい

翌日は仕事もあるので、夕まずめを待たずして納竿

帰りは宮津市にあるラーメン屋さんで地元ラーメンを堪能して、帰路につきました。

【まとめ】

釣果にはあまり恵まれなかったが、敗因は持参したエギが2.5号のみで色々な大きさを持っていくべきだったのか、エギのシャクリ方が悪いのか、サイトフィッシングに徹してしまいもっと沖にも投げてみるべきだったのかと考えるとキリがない

多分答えは全部なのでしょうが、サイトフィッシングしてると、唯一の盛り上がりがイカが横から来てスーッとエギを持っていった事があったのですが、その時にカンナにかけられなかったのが悔しい (泣)

チャンスをものにできない自分が一番の反省点ですね

それでも釣りだけにこだわらず、ご当地施設を堪能したり食事を楽しんだりと満足度は高い平日の日帰り小旅行でした

エギングに関しては近いうちリベンジ決定!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ダイワ(DAIWA) ライトフロートゲームベスト ジェットブラック フリー DF-6406

新品価格
¥10,208から
(2019/9/14 06:49時点)

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

「アオリイカ エギング丹後半島遠征(エギ見て逃げるイカ)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です