今年のラストエギング遠征でレガリス水没(ToT)

はい、表題どおり悲しい出来事が起こってしまいました

昨年末に買ったえりごろう主力機であるレガリス2500LT

コレをえりごろうの不注意で海に落としてしまうという悲しい出来事

でも、ここでワタクシが怒ってしまったらせっかくの楽しい遠征が険悪なムードになってしまう それに逆ギレされ「もう釣りには行かへん!!」とせっかく釣りレディに育成してきた数年が無駄になってしまう可能性もあり

後から述べますが状況も状況だった事もあり小さな声で「ドンマイ」というのが精一杯

哀戦士  くりごろうです。

 

11月7日木曜日 この日は働き方改革の恩恵を受け有給休暇

平日しかできない贅沢な時間を過ごそうと、一文字に渡るか、丹後半島エギングで一級ポイントでアオリイカを釣るか悩んだ末に、丹後半島エギング釣行の旅に出ることにしました。

【地磯ポイントへ】

丹後半島への遠征はキス釣りとエギングに年数回行っており本来なら暗いうちから出発して、朝まずめ–休憩挟んで–夕まずめでやるのですが、寝坊して朝7時に出発したのもあり、朝はドライブがてら下道で紅葉を見ながらのデイゲームから夕まずめエギングの のんびり計画に変更

途中で、舞鶴の道の駅に寄り道して、大きなアオリイカやブリ、ハマチを見て「こんなん釣ったんでー」とモチベーションあげ楽しい道中を過ごします。

午前10:30頃、第1目的の地磯ポイントに到着して早速、エギング開始

えりごろうも今年2回のエギング釣行でボウズはなく気合いが入っていますが

この数分後、悲劇が起こることを知るよしも無し

ワタクシは最初に乗ったポイントで追尾してくるイカが見えなかったので

えりごろうと少し離れた岩の上に移動

すると、5匹くらいの小型ながらも追尾イカを発見

まずここで1パイ釣って気持ちを楽にさせたいところです

【レガリス水没】

追尾イカはえぎを投げるたびに着いてくるのですが、中々、エギを抱かない

一度 エギの横から抱きついてエギを持って行こうとした時に合わせようとしたがカンナにはかからず悶絶を繰り返しながらあと少しで釣れると思っているところ

少し離れたえりごろうが手を上げて呼んでる

波の音で何言ってるのか判らないが

多分、釣れたので呼んでるんだろうと こっちもあと少しで釣れそうなので無視!

しかし、何やらずっと遠くで叫んでいるので、仕方がないので 一度向かう事にします

「こっちも釣れそうやのに!」とえりごろうの方にかけよって行くと

なんと! リールが落下して足元で水没しているものの目に見える所にあるが波に押されて深い部分に落ちそうになっているのをえりごろうがロッドの先で押さえている

「取って!!」と言うが手では届かないのでエギに引っ掛けるかロッドの先で引っ掛けるしかできないのだが、うまく引っかからないので、一段降りて手を伸ばそうとすると

波が来てワタクシの右足が水没 (T-T)

右足は水没したが、なんとかレガリスは救出!

ワタクシはイカが釣れそうだったのに無理矢理呼ばれた事、右足が水没してグショグショになった事でイラッとしながらなんでリールが落ちたのか聞くと

「リールシートが緩んでた」

と言うがリール巻く時、リールフット部を中指と薬指で挟んでたら落ちる事無いのだが?

しかもえりごろうは左投げ右巻きなので、キャスト後 ロッドを持ち変えることもないのでおかしい?

どこもってた?

と聞くとその時はワザワザ持ち手をリールの上側に持ちかえたらしい← ナンデ?

上側に持ち変えた意味がわからないが

小声で「ドンマイ」と言うのが精一杯

レガリスを持って一旦車に戻り、積んでいた真水で取り敢えず洗い流します

海水に浸かってしまったリールって、細部にまで海水が入り込んでダメらしいが

回して見て問題なさそうなので取り敢えず今日はこのリールで通します

【ようやく1パイ】

レガリス救出を終え、イカ追尾のあったポイントへえりごろうも連れて戻り再開

もう、おらんかな〜

と、思ってたらまだ居ました 追尾イカ

エギの背後からイカが迫りカンナの部分を掴んで引っ張っていったので

難なく釣れました

チビだけどサイトフィッシング楽しー!!*\(^o^)/*

しかしながら、その後は続かず 午前の部は終了

【誰も居ない漁港先端部】

お昼ご飯を食べ、丹後半島を北上

よく行く漁港ですが、堤防の先端の人気ポイントには常に人がいるのだが

さすが木曜日、誰も居ないので堤防使い放題

見えイカも居るし、スミ跡も一杯

もう、釣れる気しかしなかったが・・・

見えイカはエギを見て逃げるタイプのやつ

堤防先端で2時間粘りましたが、追尾もアタリも無く

夕まずめを前にさぁ、これから!

って言う時に雨が降ってきて

早めの納竿

チビだけど1パイ釣れてるし気持ち的には余裕があり←ハードルは低い

釣り的には満足でした。

【まとめ】

水没したリールって再起不能と聞くんですがどうでしょう?

帰って、再度ぬるま湯で時間をかけて流し、ラインローラー部は分解してオイルをプシュー

中身の分解はしてないが、レガリスはマグシールドでもないので逆回転レバーにノズルを突っ込んでオイルをプシュー、ハンドルにもプシュー

リールを回してみましたが、今のところは問題無し?

えりごろうは「糸を負けたらなんでも良い」と言っているが

もうしばらく使用してみて様子を見ようと思います

釣ったイカは、バーナーで炙ってポン酢とマヨネーズで、下足は塩焼きでいただきましたが

メチャウマでしたd(^_^o)

そんなこんなの夢の平日釣行

来年もできたら良いなと願います

【おまけ】

帰り道、丹後半島の漁港をでた道中でサルの群れを発見

20-30匹の群れ

赤ちゃんサルを抱っこした母ザルや背中に乗せた親ザルもいました。

ヘッドライトを照らしても逃げないのは人慣れしてるのかな?

丹後半島を暗い時間に走ると、鹿、タヌキ、ウサギにサルとちょくちょく見かけますね

最後まで読んでいただきありがとうございました。

マズメ(MAZUME) MZX CONTACT ALL WEATHER SUIT POP V MZXFW-067-07 マズメブラックカモ LL

新品価格
¥11,702から
(2019/11/9 10:04時点)

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

「今年のラストエギング遠征でレガリス水没(ToT)」への9件のフィードバック

  1. リールより先端側を持ったのは多分
    シャクリが楽になるから
    私もワインドやメタルジグ投げてる時、良くしますよ
    リールは分解できるなら全部分解して水洗い、乾燥、グリスアップで問題無いかと
    心配ならメーカーに出してオーバーホールですね

    1. ツアートさんコメありがとうございます!
      分解せずにねるま湯で洗い流して乾かしてみたんですが、やはりゴリシャリになってしまいました
      今までリールの分解した事無かったのですが、教材がわりにやってみようと思ってます

      1. いつも楽しく読ませていただいています
        初コメ失礼します
        自分は分解してのメンテナンスも楽しみの一つとしてやっています
        慣れるまではスマホで写真を撮りながら付け外しの手順や部品の向きを忘れないようにすれば大丈夫ですよ
        色々なサイトでも書かれていますので分解前に手順の確認をされると尚安心ですね
        今後も奥様との釣行記楽しみにしています

        1. みつさんコメありがとうございます!
          リールの分解 ワタクシにとってはとてつもなく高い壁のように思ってますが、放っておいてもゴリシャリが酷くなってるような気がして時間のある時にやってみようと思ってます。レガリスはシンプルだし良い教材になりそうですね

  2. お疲れさまです!
    リール・・・ツアーとさんがおっしゃるように、全部バラしてパーツクリーナーでベアリング含めてあらい、乾燥させてから、グリスアップして組み立てれば治りますよ!
    時間がかかるかもしれませんが、分解しながら写真も残しておけば組み立てに困りませんし。
    ただ、ダイワのリールはわかりませんが、ローラークラッチ部分は分解すると大変なのでできることなら分解しないほうが良いかもしれません。それ以外のボディ部分なら全部バラして、もしマグシールドあったとしてもマグもこの際パーツクリーナーで脱マグしちゃっても不自由なく使えると思います。
    以前、昔のバイオマスター(シマノ)の後方ドラグのやつをドボンさせてしまい・・・ゴリゴリなったのですけど全分解してグリスアップしたら完全復活しましたよ!
    寒い冬とか時間があるときにでもー!

  3. あ、すみません追加・・・
    ぬるま湯で流したということですけど、それだとかけたところのベアリングのオイルやギアのオイル細かいところまでオイルが抜けてゴリシャリするようになる場合もあります!
    ※もし海中におとしちゃった場合は、普通の真水の中にまず入れて潮を完全に落として乾燥させるほうがよいかもしれませんー。すみません(汗 リール愛が・・・w

    1. おがじんさんコメありがとうございます!!
      中に入った潮が抜けるかなと思ってぬるま湯につけました
      ぬるま湯で洗うのは絶対ダメみたいですね
      現在自然乾燥中ですが、日に日にゴリシャリになっていってます(T-T)
      今後、リールの分解洗浄もできるようになればと、レガリスは時間ある時に分解して良い教材にしたいと思います!

      1. リール、分解って実はそんなむずかしくないなーと一度分解してみるとそう思えたりします。
        ただダイワのマグシールドだけは分解したくないですけどね、、、
        分解できるようになると、ちょっと気に入らないなーと思う点(シャリつきや、ボディの傷とか)でてくると部品だけ注文して後は自分で組み換えできたりするので結構いいですよー!ボディサイズおなじであれば、ギア比が気に入らなければギアとピニオンギア注文して丸ごと違うギア比にもできますしw

  4. 皆さまはじめまして、相方えりごろうです。
    沢山のリール復活方法有難うございます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
    私へのフォローのように聞こえてなりません。
    修理や出費をするのはくりごろうなのでやや機嫌が…と思っていたところくりごろうが釣ったのでチョットほっとしています。何とかリールが復活する様に横で応援したいと思います。
    コメントにお返事は出来ませんが、今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です