btオープン裏街道を終えて 須磨のキス釣りの奥深さを痛感

人気ブロガー btさん(blue Tetristの釣りノート)主催の須磨海岸でのキス釣り大会 敗者復活戦(裏街道)にえりごろうと共に参加させて頂きましたが、残念ながらエントリーサイズは出せず 敗退となってしまいました。

blue tetristの釣りノート

今回はbtオープン裏街道に参加させて頂いての感想です

今年はおかげさまでアオイソメを上手に付けれるようになりました くりごろうです

モンベル コロラドパーカ Women’s 1101479 (XS MG/FG メドーグリーン×フラッシュグリーン)

新品価格
¥17,074から
(2019/11/17 10:45時点)

【裏街道は険しい道】

須磨海岸を中心にブログを通じて釣りの事、釣り場の事、釣った魚の料理(クオリティー高し!)情報発信されているbtさん

以前にも書きましたが今年は 須磨をはじめ、これまた人気ブロガーである もとさん(播磨と摂津の境目から)にピンギス祭りにお誘いいただいた事がキッカケで、須磨海岸で釣りをする機会を得ることができました。

須磨では普段のルアーでは無く、アオイソメやマムシといったエサ釣りです

ピンギス祭りではビギナーズラックというものか えりごろうは4匹の小さなキスを釣ってまさかの4位、ワタクシにはキスは釣れなかったが40センチくらいのシタビラメが釣れ、この時までは須磨って釣れるやん!という良い印象

この時はあくまでお祭り的なイベント参加でしたが

その後、「btラッキーパンチ」という大会でキス➕他魚種もしくはキスの長寸で競い上位者は年間王者となる本線へ出場

ワタクシ達を含む上位に入れなかった者は本線出場を賭けた4つの枠に11月17日までの期間で大きなキスを釣らなければならないというのが裏街道

当然、本線出場を賭けた須磨の猛者達は血眼になって大きなキスを狙う訳で、ワタクシ達も参戦させて頂いたのですが、結果は 須磨は甘くないという事を思い知らされた。

キス釣りって一般的には遠投して沖の駆け上がりやシモリの変化に着くキスを探すイメージだと思うのですが、須磨においてはその常識が通用しない

実際に大きなキスが釣れたのは水深2メートルも無いような小場所

「えっ!! こんなとこで釣れるの!?」っていうとこで釣れています。

ワタクシ達も裏街道期間中 2回挑戦しましたが、人が多い小場所でやるより人が少ない大場所であわよくばカレイ釣りたい気持ちでやったが撃沈 ⤵︎

広大な須磨海岸の西エリアの海釣り公園から千守突堤、さらにはその東の突堤まで歩いたりもしましたが、一般のキス釣りの常識は須磨では通用しない

須磨ではのべ竿やライトロッドでキス釣りされる方々が多いのだと納得

【得たものは大きい】

結果はワタクシもえりごろうもダメダメでしたが、釣りって今まで自分との戦いであったり対峙する魚とのやりとり、また食べる楽しみ、時には常連さんとのおしゃべりを楽しんだりと人との交流も有りましたが、全く初めての場所で釣りをしていなければお会いする事は無かっただろう方々とお会い出来たり、また須磨の皆さんは初めてのワタクシ達にも気軽に声をかけてくださったり、優しく接して頂いたりと嬉しく思いました。m(_ _)m

また、大会や裏街道の様子をブログを通じてもとさんbtさんと釣れる場所、釣り方、エサを大会中にもかかわらず惜しみもなく教えて頂いてた事は、人間の懐の深さを表していますよね

「播磨と摂津の境目から」

釣り大会って初めてでしたが、大会前の釣り場所やエサ仕掛けなど作戦を考えたり、裏街道期間中はなんとかデカいキスは居ないものかともがいたりと普段味わえない楽しみ方も出来たと思います。

表彰式も皆さん和気あいあいと参加された老若男女問わず笑いが絶えず こんなに良いものなんだと感動しました。

ところで えりごろうはというと、裏街道期間中もカレイが釣りたいとカレイ狙い

「イヤ、デカいキスを釣らなければならないのだよ」と説明してもカレイが気になるようで

エサもつけ慣れたアオイソメとカレイ用にマムシも購入したり、マムシに噛まれるとメチャ痛い事も経験

唯一、悔いが残るのは えりごろうがデカいカニ(ガザミ)を釣り上げ、堤防の上でカニに追いかけられたところを映像で収められなかったのは残念 。・゜・(ノД`)・゜・。

【btオープン 決勝戦を控えた皆様へ】

ラッキーパンチで上位で本線出場を決められた皆様、長いようで短い裏街道で見事に本線出場を決められた皆様 本当におめでとうございます!!

いよいよ決戦となりますが、誰が優勝されても皆さん納得の結果になると思います

ワタクシも結果を楽しみにしておりますので 皆様のご健闘をお祈り致します

最後まで読んでいただきありがとうございました。

TACVASEN アウトドア タクティカル ソフト シェル ジャケット 保温や防水や防風など多機能のアノラック スキーと山登りの迷彩服 ブラック L

新品価格
¥3,999から
(2019/11/17 10:42時点)

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

「btオープン裏街道を終えて 須磨のキス釣りの奥深さを痛感」への6件のフィードバック

  1. なげときゃつれるってもんでないですものねぇ・・・
    自分も以前淡路島で、投げとけばキスぐらいかんたんに釣れるだろうと、やったことがありますが、フグしか釣れなかったのが何度かあります・・・またはカレイも同じで、潮の上げ下げのタイミングよねーと軽い気持ちでカレイ釣りして1匹も釣れなかったこともあります・・・
    投釣りって深いっすよね・・・。今年の冬は、シーバスも青物も可能性がなくなったら、堤防の大物(カンダイ)と投釣りやってみようかと思ってますw

    1. おがじんさんコメありがとうございます!!
      たしかに、キス釣りって天秤に針とエサ付け投げときゃ釣れる そんな甘い考えでしたが、奥深さを思い知りました。
      地元エリアでもカレイの稚魚の放流があって、夏に稚魚を見かけましたが、もしかしたら神戸でもワンチャンあるか!?・・・と思ってます

  2. 私も最初は全力で投げてましたからね〜
    この大会に参加するようになってから
    ちょい投げに転向しました
    淡路島とかでもちょい投げ有効ですよ
    日本海は投げた方がいいかもです

    1. ツアートさんコメありがとうございます!!
      須磨の皆さんがキス釣りにライトロッド、オモリ2号とか???????ってなったましたけど意味がわかりました 釣り場によって仕掛けも大きく変わりますね
      これまで、キス釣りって日本海でぶっ飛ばせば良いしかやってなかったので 良い経験ができました。

  3. こんにちは、もとです。
    拙ブログのご紹介や「人間の懐の深さを表しています」などと恐縮してしまうお言葉、誠にありがとうございます!
    7月のbtピンギス祭りにお誘いした時は迷惑に思われたんじゃないかと心配しておりましたが、裏街道にも果敢に挑戦されているとお聞きしてとても嬉しいです。
    えりごろうさんがカニに追いかけられている映像、見たかったですねー(笑
    今後ともよろしくお願いします!

    1. もとさんコメありがとうございます!!
      まずは本線出場おめでとうございます!!
      本気で挑んだからこそ楽しみも倍増ですよねー
      ワタクシもブログで書きました通りすごく楽しませて頂きました
      えりごろうも同じく楽しませて頂き、未だに虎視眈々とカレイを狙っているようです(笑)
      今年作って頂いた御縁がこれからも続きますようよろしくお願い致します!
      本戦のbtオープン 頑張ってくださいねー 結果楽しみにしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です