「19ラテオR」 96ML-Rを買ってみた

今年は釣り道具にあんまりお金をかけないぞー

と年始に意気込んだもののワタクシの不注意でモアザンAGS92Lとラブラックス96MLを立て続けに折ってヤマガブランクスのアーリープラスに買い替えたり、リール買ったりと色々買ってしまった

えーと 今年かかった釣具の費用は〜 ・・・

計算するのやめとこ・・・くりごろうです

そんな中、ダイワのシーバスロッド ラテオが今年11月にラテオ Rとなりモデルチェンジしました。

前モデルのラテオ Qが2013デビューだったので久方ぶりのモデルチェンジになりますね

フィッシンググローブ 釣り 半指 防寒 フリップカバー ブルー/青 M

新品価格
¥2,199から
(2019/12/21 10:23時点)

【ラテオ R 】

ダイワのシーバスロッドの中級グレードに位置するシーバスロッド

詳細はコチラ↓

ダイワさん ラテオR ホームページ

ダイワのシーバスロッドは最上位から

●モアザンシリーズ

●ラブラックス

●ラテオ

●レイジー

●シーバスハンターX

がラインナップ

ライバルは価格的にも同等なシマノ ディアルーナになりよく比較されてますね

よく言われるのがラテオは柔らかめ、ディアルーナは硬めと言われていますが

軽さはディアルーナ S96MLの重量は135グラム

ラテオ96ML-Rが129グラムなので6グラム軽い程度で体感的には同等でしょう

性能云々、柔らかい硬いは個人の好みになってくると思われます。

スペック等前モデルよりグレードアップした内容はダイワさんHPにありますが、一番の特徴は「軽い」という事

前モデルの96ML-Qが140グラムに対し今回のラテオ Rは96ML-Rは129グラム

上位機種のAGS搭載のラブラックス96MLが141グラムと比較してもかなり軽いですね

レビュー評を見てると、ラテオ Qよりハリがあるとの事で、ラテオ Qの柔らかさというか、しなやかさが好きなワタクシにとってはどの程度変わったのか興味ある所でもあります。

反面軽すぎて強度的な所が心配になったりもしますが

今回のモデルは9.3フィートが新登場 現時点ではロッドの硬さを表すL は発売されてません。

手持ちのラテオ 90L-Qと並べてみると 写真上がラテオ Q、写真下がラテオ R

Rのほうがグリップエンドの部分が短くなっておりワタクシ好み

装飾はQの方が金色部分が目立ってたけど今回は控えめ

好みはあるでしょうが、外観はRの方がワタクシは好きですね

左がラテオR 右がラテオQ  今回のラテオ Rには上位機種に採用されているエアセンサーシートとなっています。

【ラテオ 96ML-Rを選んだ理由】

今シーズンは手持ちのアーリープラス96Mをデイゲームのオープンエリアで使っていましたが、長時間使ってるとさすがに重い!

アーリー96M(170g)+15ストラディック3000(250g) 合計420g

アーリーも丈夫でMながらよく曲がり良い竿であることは間違いなく15ストラも4年ほど使っている割には良いんですが、3時間ほどキャストを繰り返した後、肩のあたりが筋肉痛になってしまい、メインで使うにはもう少し軽くて飛ばせるのが欲しくなっちゃいました。

今回のモデルから93MLというのが発売され最後まで悩みましたが、長さ的に手持ちのアーリープラス88MLと被ってしまうのでは?という事から96MLを選択

そもそも、先に18エクスセンスを買ったのでそれに合わせるのに軽いのが欲しい〜という事でのロッドを選択となりました。

ちなみにこの組み合わせとなると

ラテオ 96ML-R(129g)+エクスセンス(195g) 合計324g

という事で前述のアーリーストラの組合せと比べて96グラム軽い事になります

当然 アーリーは性格も違うし比較にはならないが、少し重めの26g〜40gまでのジグやチョイ投げ釣りで活躍してくれそう

このあたりの適合重量はメーカーによっても違い、ヤマガブランクスのアーリープラス96Mの適合重量は7〜35グラムだが一番気持ち良いのは25〜35グラム 40グラムくらいなら自己責任で投げれそう

ラテオ 96ML-Rも適合重量は7〜35グラムと同じだが15〜30グラムくらいが良い感じで投げれて30グラムを超えると、ちと気を使う感じ

メーカーによって同じ適合重量でも全然違いますね

【ワタクシのこれまでのラテオ評】

ルアー釣りを初めて、2本目に買ったのが、

ラテオ100MLQ

特に評判とかも気にせず予算2万円以下で長めのロッドを釣具屋さんで見つけて買ったもの

これが、ほぼ初心者のワタクシでも10フィートもありながら軽くて、よく曲がるロッド

魚をかけてからはよく判らなかったが、当時多用していたIP-26がクルクルならずルアーの重みがロッドに乗せやすく初級者にも投げやすいロッドだった

その後、やっぱり港湾部で10フィートは長すぎたという事でディアルーナ、ルミナスとシマノを買ったが、ハリがあるゆえに硬く感じてしまい ラテオ に慣れてしまっていたワタクシにはラテオ が標準になってしまい投げにくくダイワに戻り

当然ながらダイワの上位機種についてるAGSガイドに興味を持ってラブラックス、モアザンAGSも中古ながら使ってみましたが、AGSのメリットである軽さ、感度はあまりわからずにデメリットである割れる、部品が高いを痛感

過去記事:ダイワのAGSガイドを修理しました

価格も2万円前後で気張らずに道具として使える よく曲がりキャストが多少失敗してもブレが少なく投げられる ラテオ が一番良いんじゃね!?

今、ココです(笑)

【まとめ】

今回購入したラテオ 使うのは春以降になりそうで実際に投げて見てのレビューは少し先になりそう

先日買った18エクスセンスと組合せ

クルクル ニヤニヤ ←キモイです

これからの時期はライトゲームでメバルや3月くらいのシーバスでミニカリを多用する時期まではラテオ の90L-Qを主力機として使います

Rで89Lとか出たら即買いかえるでしょうね(笑)

96ML-Rを使うのは先なのですが年末の売出しに 15パーセントオフ券とか貰ったら 買うのは今しかない!という事で買っちゃいました。

お店に在庫が無かったのでお取り寄せ頂き

店員さんの対応も良く 商品も3日間ほどで到着

気持ちよくお買い物できました

ちなみに

えりごろうはラブラックス87LML +セオリー2500の組み合わせで、

チョイ投げ釣り、シーバス、ハマチツバス、タチウオ、エギング、ライトゲーム全部やっちゃいますし出来ちゃいます

ん!? ちょっと待って!

という事は ラブラックス87とセオリーが最強!?←たしかに軽くて使いやすい

イヤイヤ ワタクシの釣り道具って自己満足の世界ですから(汗)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ダイワ(DAIWA) 19 ラテオ 96ML・R

新品価格
¥20,473から
(2019/12/21 10:18時点)

ダイワ(DAIWA) 19 ラテオ 93ML・R

新品価格
¥20,328から
(2019/12/21 10:19時点)

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

「「19ラテオR」 96ML-Rを買ってみた」への2件のフィードバック

  1. ラブラックスはベイトモデルのラブラックス87AGSを持っていましたが、ガイドが軽いとここまで竿全体に切れがでるのかーとAGSに感激しました。
    スピニングのモアザンAGSアーバンサイドカスタムがほしい時期もありましたw
    ダイワのLMLってやつはモアザンAGSのアーバンサイドカスタムの廉価版とおもいますけど、港湾で絶大に使いやすい竿とおもいます!いいですねー!
    ラテオはグリップエンドが短くなったんですね!グリップエンドが短いと、結構竿の前に重心がくるので、重いリールでもピタリと合いそうな気がします!

    1. おがじんさんコメありがとうございます!
      AGSガイドの良さがイマイチ体感できなかったワタクシにとって道具として考えるとラテオは気を使わずに使える点が良いですね
      実際に使うのは5月以降のデイゲームかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です