「エギングとキス釣り」ダブルヘッダー

今回は4ー5月に予定していた「キス釣り」「エギング」遠征を中止していたので、日帰りお出かけ釣行にえりごろうと行ってきたお話

デイゲームでの釣りには同行してくれるえりごろうですが、釣りの知識やメーカー、ウンチクは全く知らないものの釣果ではいつもワタクシの斜め上を行く

斜め下の男  くりごろうです

今回の計画はこんな感じ

・夜中のうちに自宅を出発

・朝マズメ 親イカ狙いでエギング

・朝ごはんと仮眠

・昼からキス釣り

エギングは釣れる可能性は低そうだがワンチャン有るかもと、少し前に購入していたロッド

セフィアSS83Lとブルーカレント85TZnanoでのエギング初体験です

キスは家族4人x4匹=16匹のお持ち帰りが目標

【エギング】

朝4:00にエギングポイントに到着

今の時期は4:30ともなると明るくなります

目視できる釣り人は5名ほど 全員エギングをしているようだったので期待は高まりましたが

3.0号の餌木にかかるのは水草ばかり

ボーズでしたが、ホンダワラ林のような同ポイント 周りのエギンガーも釣れてる様子もなくエギングポイントとしては正しいがタイミング次第なのでしょうか?

セフィアとブルカレのチェックもしましたが、セフィアはエギング専用なので良かったのは当然ながらブルカレでのキャストの感覚をチェックし、釣れるまでのキャスト〜エギのアクションのさせ方はこれまで併用していたシーバスライトモデル(ラテオ 90L、ラブラックス87LML)との比較でも、ロッドが軽い分メリットの大きさを改めて確認、秋のエギングが楽しみになりました。

【キス釣り】

朝のエギングはボーズOKだったが、キス釣りは家族分16匹を釣って帰らなければならない自分ミッションでモチベーションを高めます

<タックル>

タックルはえりごろうは朝のエギングタックル セフィア+ストラディックci4 2500

PE0.8号(PEX8 ルアーエディション)

オモリ 天秤5号 2本針7号 エサ アオイソメ(細め)

ワタクシは10号の天秤を投げる為、久しぶりの「ヤマガブランクス アーリープラス96M」を投入

アーリーの適合ルアー重量は7〜35gとなってますが、天秤10号は38gあり許容範囲を若干オーバーするもののタラシをリールの位置から1番近いガイドの間くらいで充分にとってゆったりとオモリの重さをロッド全体に乗せる感じで投げると気持ちよく飛んでいってくれます

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス クールラインαII SU1000X アイスブルー 釣り

新品価格
¥13,573から
(2020/6/7 09:42時点)

リールは15ストラディックにPE1.0号(G–soul upgradex8) このリールもずいぶん長く使っていますが、ラインローラーは2回交換したものの回転は今でも満足できる滑らかなフィーリングは素晴らしい

今回は以前に見学に立ち寄ったことのある砂浜

夏場は海水浴で賑わう場所ですが釣りをするのは初めて

川の流れ込みのある場所でそのあたりが1級ポイントでしょうが

先客あり、ファミリーで来ていたお父さんに挨拶と状況を聞くとキス1匹とフグがよくかかるとの事

流れ込みから100メートル離れた場所に釣座を構え釣り開始

1投目から調子良く 2本ばりに2連かかったりこれは期待できそう

その後もポツポツと釣れる中、事件発生!

【泣くな えりごろう】

なんと、えりごろうが大物をヒット!

ロッドの曲がり具合からかなりの大物とみるが、経験不足なサーフなので取り込みが難しい

波打ち側まで入っていってフォローしようと駆け寄った矢先

平べったい魚が引き波でペロンとめくり返り同時にフックオフ (T_T)

目視までできた40センチはありそうなカレイをバラしてえりごろう大泣き

原因は、針が小さかった、ランディングのタイミングがわからず引き波のタイミングでずり上げようとした経験不足などあるでしょうが、そういえば去年から「カレイを釣りたい」とずっと言っていただけに悔しそう

【なんとか目標達成 最後に笑わせてもらいました】

カレイバラしてから、キスもしばらく沈黙

その間は置き竿にして砂浜に座り込んで景色を楽しんだりも良い時間

キスはポツポツ釣れ 集合写真を撮った時17匹

その後の夕マズメパワーで3匹追加して20匹で目標達成!

カレイをバラしてショックなえりごろうに気を使い、後片付けをしだすと

えりごろうに最後の最後でカレイが釣れた!

しかし手乗りサイズ 。゚(゚´Д`゚)゚。

そんなこんなで大笑いして納竿となりました。

【まとめ】

久しぶりのプチ遠征でキスもまあまあ釣れたし、悔しいカレイバラしもあったものの最後に手乗りカレイが釣れて大笑い

子育てが終了し、夫婦二人で出かける時間が増えたワタクシ達ですが

キレイな海と空、砂浜に癒され、良い時間を過ごす事ができました

返りの道中はさすがにしんどかったですが、えりごろうは免許を持ってないので運転はワタクシ一人しか頼れない

時間に制限もないので疲れたら寝たら良いのですが、助手席を倒して爆睡しているえりごろうを横目にいつも釣りに行ってくれること感謝しつつ、聞こえるような声で浜省を熱唱しながらその日のうちに帰宅しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

プロックス クリア活かし角バケツ PX681321O オレンジ 21cm

新品価格
¥1,485から
(2020/6/7 09:41時点)