夏タチウオゲット! 淡路島

夏タチウオはくりごろうにも釣れるのか!?

今回は日帰り小遠征に淡路島に行ってきました

今回の釣行もえりごろう同行です

えりごろうの反応も少し前までは「釣りに行く」と言うと「また行くん!?」という感じだったが、今年は「いつ行くん?」「なに釣るん?」「どこに釣りに行くん?」に変わってきて自分も一緒に行く事を前提に食いついてくる ←イイカンジ

そんなえりごろうだが、PEラインのノットばかりかスナップへの結び方は全く覚えようとしない それは旦那の仕事とばかりにこの部分は初志貫徹しているところはある意味すごいが、そろそろ覚えてもいいんじゃない!?  くりごろうです。

今回の目的は『淡路島に夏タチウオできれば青モノを釣りに行く』のが目的

連日の猛暑の為、日中は無理 朝マズメと夕マズメに狙います

Goture ワームセット ジグヘッド ソフトルアー シンキングルアー ヒラメ シーバス タチウオ 青物 淡水・海釣り両用 フック装着済み 交換用ボディー付き 5本セット

新品価格
¥2,399から
(2020/8/16 09:09時点)

【朝マズメ メジャーポイントまさかの立ち入り禁止】

AM3:00自宅を出発し淡路島 東部のメジャーポイント テトラエリアを目指します

阪神間からでもこの時間帯なら渋滞もなく1時間あまりで目的地に到着

すると、まさかの立ち入り禁止の貼紙が

別の場所も見てきましたがクルマが入れません

慌てて近くの漁港に移動しますが、この時間でも釣り人は多い

なんとか間に入れさせていただきましたが、その後、無言で横2メートルにインされどうもやりにくい

2人連れの若い男の子だが、やたらと釣りうんちくを言いながら、1投ごとに「◯◯メートル」と推定飛距離をつぶやいているし間隔も狭いので聞こえる

しかもロッドなに使ってるのかわからないがビュンビュンうるさい 

↑「うるさいわ!」と言いたいところだがここは大人のくりごろう

えりごろうと「昼なに食べる〜?」と、どうでも良い会話で応酬

こんな感じで集中も出来ず、場所の選択ミスを嘆く結果に

ここではAM6:30終了しました。

ちなみにこの場所では30メートルくらい離れたエサ釣り師にタチウオが1本だけ釣れていたのを目撃 あとは皆さんボーズかサバ 青物はゼロ

タチウオは居るには居るが、確率の低い宝くじ的な感じでしょう

【お昼は淡路島牛丼で気持ちを切り替え】

遠征の楽しみの一つである食を楽しむという事

1人ならラーメンとかコンビニおにぎりで済ますが、えりごろうと行く場合は食を楽しむことも忘れてはならない

この日は、淡路島牛丼を食べさせてくれる『淡路ごちそう館 御食国』を選択

開店のAM11:30に合わせて少し前に到着しましたが、すでに15組の順番待ちながら開店と同時に1巡目には入店でき淡路牛の牛丼を注文

肉は柔らかくて脂身も旨味があって美味しい

サラダのスライス玉ねぎはおかわり自由がウレシイ

淡路島のタマネギ おかわりでいただきましたがネギ特有の辛みもなく逆に甘みがあるくらい 和風のドレッシングが良く合い大満足。

【後半戦 猛暑の中スタート】

後半戦、お目当てのポイントが入れなかったので場所選びからになるが、ワタクシに残された選択肢は少ない

なぜなら淡路島のことあんまり知らん。。。(T_T)

西側はアオリイカやジギングのイメージだし、渡船で沖堤防はトイレの関係でえりごろうが嫌がる

朝見たテトラエリアをもう一回見に行って散策してると、堤防沿いに車を乗り入れる事ができるところがダメなようで、自転車やバイクの地元の人は何人か釣りしてる人が居ました。

そして少ない情報、知識の中からなんとか釣りできる場所を見つけ、釣り座を確保

時間はPM16:00 まだ暑いので日焼け対策は万全に

幸い東向きなので太陽を背に受ける形になりまだマシか?

とりあえず釣り座を確保し釣り開始も目の前は赤潮でテンション⤵︎⤵︎

本番は日が落ちる19:00〜20:00と考えて赤潮も流れていくだろうと考えそれまでは待機。

それでもじっとしているだけで滝のように汗が流れる

充分に水分を取りながら、17:00スタート

スタート時には赤潮も徐々になくなり良い感じに

えりごろうはこの日、普段使っているラブラックスAGS87LMLではなくラテオ 96ML-Rを使用 なぜなら飛距離を伸ばしたいので単純に手持ちのロッドで長めを選択してみたが、これが合ったのか飛距離は格段に伸びたのが実感できるほど

9.6フィートのロッドは女性には長く扱いにくいかと思ったが、上手に扱えてます

ワタクシはエクスセンスジェノスS92ML/F-3とエクスセンスC3000ci4を使用

ロッドの許容が32gまでですが許容一杯の30グラム前後のジグが投げれるかチェックも今回のテーマ

実際投げた感じではティップが柔らかいソフチューブ採用モデルでも難なく投げられたが、ダイワやヤマガブランクスに慣れたワタクシには少しコツがいる

イメージ的にはダイワやヤマガはロッド全体を曲げるようにフルキャストが良く飛ぶがエクスセンスジェノスのこのモデルの場合 8割くらいの力でティップを意識した方が良く飛んだ

この辺は慣れると良くなると思います。

【夏タチウオようやくゲット】

17:00にスタートし2時間ほど経過、日も沈み暗くなってきたタイミングで、えりごろうが「なんかあたった!」 との事

使っているルアーがタチウオゲッターワインド20gにコアマンのアルカリシャッド パワーグローだったので、VJ22のワームをピンクからパワーグローに変更すると1投目

ワタクシにもヒット、やや沖目

そこから3連発でタチウオゲット

遅れてえりごろうがようやく1本ゲット

【まとめ】

淡路島遠征 朝から場所選択ミスで良いスタートでは無かったが、夕方からなんとか目的としてた夏タチウオは4本ゲットできました。

ジアイは15分程度、周りはワタクシと右横のルアーマンその右横の浮き釣りの狭い範囲で左横のえりごろうには中々、ヒットしなかったのは群れが小さかったのか?

サイズはF2〜2.5くらい トレブルフックにガッツリ噛み付いているのでリリース出来ずお持ち帰りでいただきます

青物の気配は全くなく、目撃もしませんでした。

帰りはSAで軽食を食べ、明石大橋を見て

心地よい疲れとともに家に帰ったら爆睡してました。(笑)

遠征での結果はろくな事にならない事が多いですが、今回は目的であったタチウオも釣れて珍しく結果も上々

えりごろうが釣れなかったらまた機嫌が悪くややこしいのでお互い釣れてホントニ良かった(汗)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ジグヘッド ワーム ソフトルアー シーバス ヒラメ 青物 タチウオ ルアー ジグヘッド セット 14g 21g 28g 3本 交換用ボディー6本 トレブルフック6本付き QT05JP

新品価格
¥999から
(2020/8/16 09:07時点)