【2020年エギング釣行】アオリイカようやくゲット!

今年は神明間のケンサキイカは釣れずじまい、秋シーズンに向けアオリイカを狙いにプチ遠征もボウズ イカの姿はまだ見ていません。

しかも7月から遠征によく行っているので高速代にガソリン代にと遠征費がうなぎ上りで、いよいよ嫁さんからETCカードを取り上げられてしまいそう くりごろうです。

というわけで、先週に引き続き今回も行き道は下道で行ってみましたが、阪神間からなら、R173経由なら信号も少なく快適 嫁さんとドライブと思えばプチ旅行気分です

ダイワ エメラルダスダート2 TYPE SS 2.5 夜光-オレンジエビ

新品価格
¥1,412から
(2020/9/6 14:59時点)

【下道で舞鶴経由の丹後半島】

午前10:30ごろ出発して、R173経由でR27に入ると舞鶴に昼頃到着。

前回、途中の綾部でマクドに寄ってしまいお腹いっぱいになった為、今回は舞鶴でお昼ご飯をとります。

といっても、釣りの格好してるし、ラーメンすするだけですけどね(笑)

ネットで「舞鶴ラーメン」で検索し1番に出てきたお店に行ってみました。

ここのオススメは「とんこくラーメン」

ドロドロ系の豚骨スープですが、特有の臭みもなくトンコツの苦手なえりごろうも満足

食後のデザートは、近くのとれとれ市場でソフトクリーム

昼食を経て、宮津経由で丹後半島へ、ひたすら下道をひた走り

目的地到着は昼の14:30すぎ

お昼時間を除いた実走時間は自宅から3時間30分かかりましたが、道中の景色もキレイで特に疲れるほどでも無かったです。

【今回はエギにこだわる】

釣りを初めてから6年、毎年1〜2回のエギングだったが、エギにこだわりもなく、今まで釣具屋さんのワゴンに置いてるものや100均のものを使ってましたが(これでも釣れる)、前回のボウズを機に、追尾イカはいるものの中々手を出してくれない事が多かったのでシャローエリアで使えるゆっくり沈むタイプを購入

ダイワのエメラルダス ダートII SSタイプ

特徴は沈下速度8秒/mとかなりのスローシンキング

ヤマシタ エギ王ライブ

ダートに特化したエギでこちらは沈下速度5.5秒/m

ワタクシがよく行くエギングポイントは潮の流れが弱い漁港エリア 水深も深くて3mくらいの底が見えるようなところ

今回の作戦は沈下速度の遅いエギで長くイカに見せ、中々手を出してくれないイカにアピールする作戦

【なんとか2杯ゲット!】

開始早々、追尾イカを発見も、先週と同じくついてくるだけで手を出してくれない

スローシンキングでアピールすると横からエギを抱いて持っていこうとするイカもいたが、針には乗らず

このやりとりが目視できる秋のサイトエギングが面白い

かなり悶絶し、おしりの穴に力が入ります(笑)

ポイントを移動しつつ、追尾イカを探して行きますが中々見つけれず最初のポイントに移動

一度沖でぴっぱられたが針にはかからず、悶絶しまくりで時間は夕方

ようやく1杯目が釣れました

素直にウレシイ(涙声)

まだ釣れていないえりごろうに場所を譲り、横に並んで釣りしてると

またまたワタクシに1杯

結局この日は2杯で終了

【まとめ】

今回釣果があったのはエギ王ライブで2杯でしたが、エメラルダスダートも超スローシンキングで良く行く釣場には合ってると思います

キャストフィールや飛距離も2つとも不満無く このエギで釣ってみたいという想いにさせてくれるエギでした。

本当は前日の深夜からでて、朝、夕まずめ釣りしたい気分だったが嫁さん一緒だと中々、難しいが、旅行気分を味わいながら釣りも楽しむ遠征も楽しいです

今回は、ボウズに終わったえりごろうでしたが、帰り道「私は釣れてない」と不機嫌で空気が微妙だったがしばらくすると爆睡し出したので

黙って高速乗って帰りました(笑)

ちなみに京都縦貫道経由で自宅まで2時間30分。

途中、ドライブレコーダーのおねえさんに「運転時間が2時間を経過しました 休憩してください」と気遣われ ←ん?

無事に帰宅しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 LIVE 2.5 005 ムラムラチェリー 605341

新品価格
¥787から
(2020/9/6 14:57時点)