【PEライン】シーガーPEx8ルアーエディション5ヶ月使用してみて

PEラインについてこれまで何度かブログ記事にしてきましたが、今年から使い始めたクレハシーガー 『PEx8 ルアーエディション』

約5ヶ月 表・裏まで使い倒してみて、安価な割に耐久性も良く予想以上に良い

PEラインの性能・耐久性は価格に比例しているものだと思っていたが、安くても良いのあるぞとワタクシのPEライン序列が変わって来たぞと言うお話です

もしかしたら今後コレ一択もアリ!? くりごろうです。

ワタクシの海でのルアーフィッシングでは必ず必要なPEライン

求めるもの感じるものは人それぞれ多種多様だとは思いますが

PEライン「シーガーPEX8」使ってみた感想

ワタクシがぺラインに求めるものは2点だけ

1)耐久性 片面3ヶ月使い続けてもトラブルレスで使用感の良いもの

2)価格 今は安くなったとはいえ、できれば2000円以内で買いたい

飛距離はどのPEラインでも許容範囲の誤差であまり気にしない

使う号数は0.8号か1.0号の8本より、どちらも150メートル巻を約3ヶ月で片面、表裏巻き返して半年使います。

4本よりは価格は安いですが糸なきの面で8本よりに劣るので今は使ってません

ただしキス釣りなどのゆっくり引き釣りのような釣りには根ヅレにも強い4本撚りが良いと思います。

これまでのくりごろうPEラインの序列は過去記事の通りですが価格重視でえりごろう用に買ったPEx8(写真の赤いノーマルタイプ)が意外にも良かった

【PEx8 ルアーエディション】

シーガーで使っているのは「完全シーバスR-18」

このPEラインもワタクシの求める耐久性、価格で合格だが新品時からの色落ちの激しさが難点、ところがPEx8においては同様の色落ちがなく、価格も実売1500円〜2000円の間でR-18より安い

クレハ社

カタログ値 0.8号  最大強力18lb/8.2kg

カラーはピンクで1メートル毎にグリーンのマーキング入り

リールに巻いたらこんな感じ

グリーンのマーキングは個人的には要らないけど ほぼピンク

兄弟? のルアーエディションではないPEx8もあり使いましたが

色が違うだけ? こちらはリールに巻いてみるとカラフルな感じ

色の好みでルアーエディションにしてますが使用感の違いはほぼありません

【同時期に巻き替えた あのPEラインと比べて】

初期の色落ちもほとんどなく、高ギレやダマになるようなトラブルはゼロ

実は同時期にセオリー2508に巻いた高評価の有名PEライン

なぜかここに来てダマになるトラブルが釣行毎に2回連続で発生

今まで、このPEは長きにわたり使ってましたがダマになる事なかったんだけど、なんでやろ?

同じような頻度でワタクシとえりごろうで交互に使ってたんだけど何故かPEx8はトラブルレス

リールはシマノ 16ストラディックci4 2500(PEx8)

ダイワ 17セオリー 2500(某PE)

とメーカー違えどほぼ同性能でストラの方が半年長く使っているくらいの差

価格が高いだけにもう買わないかも というかモデルチェンジしてた・・・

それにしてもワタクシが使用しているPEライン全て原糸は東洋紡のIZANASなのに、各社の製法の違いで差が出るのか不思議なところではありますね。

【まとめ】

PEライン 価格が高ければ耐久性も比例してそれなりだと思っている中で、安価ながら耐久性、使用感、価格も安く、これまでの高評価だったPEラインを凌駕するのが出てきたなという感じ これは朗報

クレハ(KUREHA) ライン シーガーPEX8 LURE EDITION(150m)0.8号 ピンク SPEX8L150.8

新品価格
¥1,442から
(2020/9/6 15:24時点)

まだこれまでのPEラインの在庫があるので使いきってからにはなりますが、徐々に入れ替えていくカモ

希望を言えば、ピンクでもパープルでもなく、普通のライムグリーンが欲しい

クレハさんなので色落ちしないライムグリーン

これがあれば最強

最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です