はじめての南紀に行ってきたてばよ!

10月24日土曜日 友人Y氏のホーム?南紀に連れて行ってもらいました。

ワタクシにとってはじめての南紀であり、釣り人としても憧れの土地

今回Y氏が奥様と23歳の娘さんとで1泊の釣り旅行に行くと聞いて、ワタクシも連れてってー!とお願いしたのが金曜日の前日 もちろん宿を取れるわけも無くワタクシは日帰りですが、えりごろうも誘って2家族でのエギングに行ってきたお話。

Y氏と奥様とは先月もいっしょに丹後半島にいきましたが今回が二回目の同行 Y氏が家族旅行って言ってるのに本当に無理言ってついていってしまいましたが、ありがとうございましたm(_ _)m 

Y氏も休日はよく奥様と釣りにでかけられるそうですが、ワタクシ達とも行動パターンが似ており、また気さくなご夫婦で気張らずお話できる素敵なご夫婦です。

釣行前は釣れる気しかしない くりごろうです。

プロックス クリア活かし角バケツ PX681321P パープル 21cm

新品価格
¥1,650から
(2020/10/25 20:27時点)

南紀までの道のり

前日に急に決まった遠征ですが、Y氏とは出発時間を合わしどこかで合流しようという事で、土曜日AM4:00前に出発

湾岸線→阪和道経由で和歌山県を縦断していきますが、今は高速道路から無料区間のバイパスでほぼ南紀まで縦断できるようになっており、自宅から距離にして往復459キロ 片道で229.5キロ 約3時間の道のりでした。

↓自宅に帰ってからの0から出発したODメーター

ほとんど高速道路なので、燃費も車の燃費計で20.9KM/L 帰り道で工事渋滞にハマってしまったのでもう少し伸びたかもしれません。

当日の作戦

ワタクシはエギングですが、えりごろうは最近ハマっているアジの泳がせ釣り

アジはサビキで現地調達

Y氏も同じような感じですが、過去2キロのアオリイカを釣った経験もある場所との事で期待しかありません。

エギは3.0号中心ですが、Y氏は3.5号オンリー

エギンガーは小さいエギはあまり使わないようです。

サビキ好調!

釣りを開始しえりごろうは泳がせのエサとなるアジを狙っていきますが、浮きを車に忘れてきたのでそのまま投げてドボンし底狙いですが、これが功を奏し10〜15センチのアジが釣れ続きます。

用意していたブクブクをセットしたバケツはあっという間にアジでいっぱい

エギングは不調

ワタクシはエギングで港内や外海にエギを投げ追尾イカを探していきますがイカが見当たりません。

前日までの雨が影響しているのか海はやや濁っている感じ

外海に向けてジグを投げても面白そうだったが、過去経験からアレもコレもやってどっちつかずになるパターンを懸念してエギングオンリーで勝負しましたが、この日はジグ投げても良かったかも?

途中からえりごろうの泳がせ仕掛けのアジ付け替え係とサビキにかかったアジのはずし係になってしまいました 💦

Y氏に待望のイカ

この場所がホーム?のY氏 追尾イカのいない厳しい状況ながらようやく1杯のイカゲット

3.5号のエギでもこのサイズのイカが釣れる事がよくわかりました。

Y氏はこの後2杯目の同サイズのイカをゲット

結果

ワタクシとえりごろうはイカボーズ

Y氏はエギングで2杯

泳がせ釣りは1度アジを持ってかれたが根にもぐられラインブレイク

やりとりの際、イカではなく魚の反応だったが魚の顔くらいは見たかった(泣)

サビキで釣れた35センチほどのサバと死んでしまったアジはお持ち帰りしましたが、サビキ釣りはえりごろうが楽しそうにやってましたのでまぁ、良し!

帰り際に見たデカいイカ

荷物をまとめ駐車場に戻ってY氏とダベってるとワタクシ達と反対側からデカいイカの頭の部分をエギに引っ掛けドヤ顔で車に戻ってきたお兄さんを発見

少しお話させて頂きましたが、このお兄さんもはじめての場所だったようで自分でもビックリしてる感じでしたが、緑色の3.5号のエギで釣られてました。

やはり、南紀 イカの聖地と言われるだけあってキロ級のイカは圧巻

はじめて来てキロ級のイカを釣るお兄さんと、はじめて来てなんもなかったワタクシとの差は持ってる男と持ってない男の差なのだろうか?

まとめ

この日は天気もよく、風はやや吹いていたがY氏のご家族も奥様、娘さんもサビキでしっかり釣って立派な釣りレディと釣りガールだった。

我が家の子供達は釣りには一緒に来ないので羨ましくもありますが、えりごろうともども楽しめ、2家族で楽しい釣り遠征でした。

Y氏ご家族とはここでお別れし、ワタクシ達は帰路に着きましたが帰りに工事渋滞にハマり時間も無く、サービスエリアの和歌山ラーメンを食べて帰宅

釣果は得られなかったが楽しい釣り遠征 はじめての南紀 次回必ずリベンジするってばよ!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Umibozu(ウミボウズ) フィッシュグリップ 超軽量 アルミ製 魚掴み器 フィッシュキャッチャー (メタルシルバー)

新品価格
¥4,690から
(2020/10/25 20:29時点)

投稿者: kurigorou

釣りを初めて6年目 シーバスをメイン?に未だ初心者を脱してません。。。が釣り6年生なりの釣行記、たまに道具の紹介をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です