南芦屋浜護岸工事と完成後のこれから

阪神間を代表する釣り場として最も規模が大きく足場も良いことからファミリーフィッシングに最適で秋のシーズンはにぎわっていた南芦屋浜 南側ベランダ

超有名ポイントだけあってワタクシも見に行った事はありますが釣りをした記憶が無い

釣りをしなかった理由はまだ真っ直ぐ投げれない釣りをはじめたばかりの頃、隣との間隔の狭さに、絶対お祭りするやんと思ってたわけですが、今でも真っ直ぐに投げれるかは自信ナシ 10回に3回はミスキャスト イップス? くりごろうです

2018年の高潮被害によりベランダ含めた隣接する住宅地にも大きな被害が出ましたが、それから2年 高潮対策の工事が行われいよいよ今年の3月に一部完成するという事で、釣具は持たず見学に行ってきました。

完成は3月となっていますが、護岸改修工事、東護岸改修工事は令和3年8月31日までとなっていますのでベランダに入れるのは実際にはいつからなのかは工事の進行次第でまだ詳細はわかりません。

工事の概要は下記リンクからご覧になれますので詳細を見たい方はご覧下さい

南西面の様子

まずは南西面から

現在、工事の様子が見れないほどのバリケードが設置され、バリケードの間にある透明の壁の隙間からビーチをパチリしましたが新しくできた高い防波堤で海側まで見えませんでした。

公園の駐車場は入れますが夜間は入れなくなっています

西側も行ってみましたがこの日は誰も居ませんでした

南面の様子

南面も全面バリケードで中の様子を見る事はできません

現在は南側駐車場も工事で入る事はできませんでした。

南東側の様子

南東側もバリケードで様子は見る事はできません

駐車場も同じく入る事はできません。

東側ではお一人釣りをされている方がおられました。

南芦屋浜の釣り場としてのこれから

中壁と後壁の2段階からなる高い防波堤により閉鎖的空間となる為、防犯上、住環境に配慮して夜間はPM20:00〜翌朝AM6:00まで閉鎖

芦屋市ホームページ今後の南芦屋浜護岸について

ギリの朝マズメ、夕まずめの時間に配慮頂いたのかはわかりませんが釣りができるならありがたい

また、監視カメラと有人による夜間警備も行われるとの事

釣り利用に関する事についての事柄も明記してありました

ビーチでの釣りは禁止

南護岸での釣りは引き続き可能

環境改善策として釣り利用者のマナー向上に向けた啓発が行われる

パトロール的な事が行われるという事でしょうか

まとめ

住宅地が隣接しているのとこれからも多くの住宅が建ち並ぶ予定の南芦屋浜

「パナホームスマートシティ潮芦屋 そらしま」の看板がありました。

かねてから南芦屋浜はゴミ問題と騒音、路上駐車も酷かったようで近隣住民から苦情が出て当たり前

さらに住宅地が拡大する予定なので、釣りをする人は近隣の住民の迷惑にならないようにして頂きたいものです。

夜中にこっそり忍び込んだり、ゴミ放置はもってのほか、見学に行った日も散歩している男性が道端に落ちているゴミを拾いながら歩いている様子を何人も見かけたが、見習わなければならないし街をキレイにしようという意識の高い人が多いように見えました。

そんな方々が、オープンした後、芦屋浜のトイレ横のゴミが山積みなんて光景を見たら釣り場として終わってしまいそうな予感さえします

人として最低限のマナーは守るよう心がけましょう。

阪神間最大の釣り場の復活は釣り人なら行かなくても興味あります

来年の秋には生まれ変わった南芦屋浜ベランダが拝めるのか? 楽しみですね

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

マルチフィールドバッグ 小 No.F0201 ブラック バッグ フィッシングバッグ 釣り フィッシング 釣具 携帯バッグ ホリデーハンター Holiday Hunter マーベルD

価格:9,450円
(2021/1/30 15:27時点)
感想(0件)