アワビチューンの効果 新色PB-13アワビハラグロ−完成!

鉄板バイブレーションやメタルジグなど一旦底に落としてからという使い方をよくするルアーって色がすぐにハゲてきますよねー

今回は少し前になりますがルアーのカラーチューンをして効果があったので、いろいろやってみようと思い 工作してみました・・・ってチョット待って!

ワタクシ 自他共に認める不器用男やん!!     できるん!? くりごろうです (T_T)

そんな不器用男でも頑張ればできるカラーチューンをご紹介したいと思います。

今回はワタクシが神戸湾奥デイゲームでよく使うコアマンのパワーブレードとアイアンプレートにチューンを施してみました。

MAZUME(マズメ) 観察できる水くみバケツ MZAS-386-01 クリア×ブラック

新品価格
¥1,458から
(2019/9/1 21:12時点)

【コアマン PB-13アワビチューン】

コアマンのパワーブレード PB-13 13グラムの比較的軽めのブレード系ですが、軽さもあって表層付近も引けてボトムに落としてからの巻き上げでも使えるオールマイティさがお気に入りでよく使います。

なので塗装もすぐにハゲハゲになります

ハゲハゲでも釣れるんですが、モチベーション的にはなんとかしたい

という事で、釣具屋さんで安く売ってたコアマン純正のアワビシートを購入

ただし、純正シートがPB-20用だったのでボディの大きさがPB-13だと一回り小さく 少しカットする必要があります

シートの上にPB-13を置いてみて形を合わせてペンで型取り あとはハサミでチョキチョキ

貼ってみると意外と良いんじゃない〜

元のカラーがイワシハラグローでお腹のグローの部分はキレイなのでグローの部分は残して「アワビハラグロー」完成!

本来はシートを貼った後、ウレタンドブ漬けかマニキュアのクリアなどでシートがめくれないように保護してやる必要ありますが、材料も無かったのでこの時はそのままで釣りにくりだしましたが、コアマン純正はノリが良いのか剥がれなかったデスネ

直後の釣行で釣りレディえりごろうが70シーバスを釣ったので効果としては アリ!?

と思うのですが どうでしょうか?

シートは純正を使ったので大きさを合わせるカットと言っても誰でも出来そうな範囲でできます

【コアマン IP-13レーザーホロチューン】

次にIP-13 これも純正を使用したいところでしたが、売ってなくて、釣具屋さんで売ってるカスタマイズ用を使用します

同じアワビチューンも芸がないので今度はビカビカフラッシングのレーザーホロで工作

本来なら、プレート部とボディ部とを分けて切り取るのですが、面倒なので一体で切り取っていきます

シートの上にIPを置いて ペンで型取り

ハサミでチョキチョキ

はい、あっという間にIP-13レーザーホロチューンの完成

これもドブ漬けするなり 仕上ないとダメですが、こんなにビカビカフラッシングするIPって魚もビビるやろ!?と思い 保護無しで使用


透明 ホログラムシート 1/4プリズム(シールタイプ)

新品価格
¥756から
(2019/8/25 09:32時点)

すると、同上のアワビチューンで70シーバス釣る前に 40センチ前後だが2匹立て続けにヒット!

自分でも驚く成果が出てしまったわけだが、純正でないレーザーホロシートはあっという間にボロボロになってしまいました。

【コアマンIP-13アワビレーザーホロチューン】

上述の通り1回の釣行でボロボロになってしまったレーザーホロシートですが、これはいけるのではと、今度はプレート部、胴体部に分けてカットし、プレート部はレーザーホロ、胴体部をアワビにしてみます

今度は仕上げに長女からもらったマニキュアのクリアラメをヌリヌリ

3回に分けてヌリヌリしたのでそこそこ持つでしょう(まだ使ってません)

さらにはオールアワビIP26

【まとめ】

色のハゲたルアーも自分で好きなカラーにチューンしたらモチベーションもさらにアップ!

これに釣果が伴えば最高な気分が味わえるのは間違いなしです

釣りに行けない雨の日はこんな事するのもアリですね

超不器用男でもできるので(できたのか?) おススメしますよー

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あわび本舗 アワビ Proアワビシート重見モンスターブラック

新品価格
¥648から
(2019/8/25 09:33時点)