2020年タチウオ、ハマチ今年の阪神間はちょっとおかしいぞ!

10月の中盤、釣りハイシーズンを迎えましたが、先週は仕事に資格試験にと忙しく釣りに行けませんでした。 今年はこんな事も含めてイマイチ噛み合わない くりごろうです。

今回は10月中盤の釣りのハイシーズン 例年なら阪神間の湾奥でも青物がまわってきたり、タチウオが入ってきたり、シーバスも高活性時期になっているのですが、今年はちょっと違う? ような気がしてます   もしかして自分だけ!?

そこで、昨年の同時期と今年の釣果の違いが今回のテーマです。

電熱ベスト ヒーターベスト 【日本製カーボンヒーター】 6つヒーター USB 電熱 ジャケット ダウン ベスト 加熱 ダブルスイッチ 前後独立温度設定 3段階温度調整 防寒着 水洗い可能 釣り バイク ワークマン スキー

新品価格
¥5,990から
(2020/10/18 18:45時点)

今年のタチウオの阪神間への接岸は遅い?

タチウオの釣果は8月ごろに和歌山、淡路島で「夏タチ」として聞かれるようになり、一旦収束後。9月には泉佐野、明石、神戸で最後に阪神間というイメージ

沖堤防では9月中旬ごろから釣れ初めているようで、青物はお祭り状態との事ですが、陸っぱりではまだまだという感じ例年なら9月後半くらいから釣れ出し今は最盛期を迎える時期なんですけどね

原因は何?

魚が釣れる釣れないは海水温度が原因の一つと言われてますが、長期化している黒潮大蛇行によるものや、8月に例年より高く推移した海水温度も10月は例年平均並みになってきましたが魚の流れに影響しているのか興味深いところです。

下記グラフはいつも参考にさせていただいている第五管区海上保安部 海洋情報部のHPで神戸港の海水温度の推移が見られます。

※第5管区海上保安部HPより引用

昨年の9-10月の釣果

ワタクシ個人の昨年の阪神間–神戸湾奥での釣果を振り返ってみると9月にハマチが釣れ出し

タチウオも釣ってる

えりごろうもハマチ釣ったりしてるので割とイージーに陸っぱりからでも釣れた。

シーバスも同じ場所で5連があったりした。

釣り場所の問題も今年はアリ

今年の阪神間はは南芦屋浜に加えて南甲子園浜も工事で立ち入る事ができない

ポーアイ北公園や兵突といった超メジャーポイントも釣り禁止

以前にも申しましたが、メジャーポイントで釣りしてた大勢の人達は今年はどうしてるのだろうと思います

沖堤防への前日から並んでの混雑ぶりもそうでしょうし、和歌山、淡路島へ行く人も増えてるのもその影響があるでしょう

まとめ

今年の阪神間でのタチウオは例年より遅く期間も短いのか、場所問題も含めてなんだか厳しいと感じます

ワタクシといえば今年のタチウオは8月のお盆休みに玉ねぎ島で釣れたのでとりあえず満足はしてますが、青物はまだなので1匹は釣りたいと思っています。

10月後半戦 混雑確保で近場に回数行くか、ドブポイントでシーバスに専念するか、はたまた遠征してイカ狙うか、えりごろうはカレイを釣りたいと言ってるし未だ考え中のくりごろうでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

mazume ウインドカットジャケット? MZFW-500-01 ブラック M

新品価格
¥8,910から
(2020/10/18 18:47時点)